電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-10 13:35
白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの直線歩行における検討
渡辺博文榎堀 優名大)・米澤朋子関西大)・間瀬健二名大WIT2017-84
抄録 (和) 我々は,白杖の利用経験を応用できる歩行誘導システムとして,白杖先端への衝撃刺激提示による仮想誘導路の構築を提案している.本稿では,直線歩行を対象として,点字ブロックのように中央に一本の誘導線があるように構成した誘導路Cnt(1種),左右片側のみに仮想的な壁があるように構成した誘導路LorR(2種),左右両側に仮想的な壁があるように構成した誘導路LR(5種)の延べ8種の誘導路における歩行誘導性を検証した.晴眼者に対する実験の結果,Cntでは誘導性能に難があること,LorRでは最も高速な誘導性能であること,LRでは構成した経路幅によって速度制御が可能であることがわかった. 
(英) We have been proposing a navigation system for visually impaired persons, which presents impacts for white cane ferrule and provides virtual guideway to navigate. This paper discusses about navigation capabilities of eight straight-walking guideway designs: one lq`Cnt'rq design that provides one guideline on the center in front of subjects like a narrow braille block, two lq`LorR'rq designs that provide one guideline on a side of subjects like a wall, and five lq`LR'rq designs that provide two guidelines on the both sides of subjects like a narrow corridor. The result of experiments on sighted three persons is the follows. The Cnt design failed navigation sometime. The LorR and wide LR designs provided the fastest navigation. The narrow LR designs succeeded to control walking speed depending on these widths.
キーワード (和) 視覚障碍者 / 白杖 / 歩行支援 / 仮想誘導路 / / / /  
(英) The blind / White cane / Walking support / Virtual guideway / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 502, WIT2017-84, pp. 157-162, 2018年3月.
資料番号 WIT2017-84 
発行日 2018-03-02 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2017-84

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2018-03-09 - 2018-03-10 
開催地(和) 筑波技術大学 
開催地(英) Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2018-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの直線歩行における検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Virtual Straight-Walking Guideway Design using Impacts for White Cane Ferrule 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障碍者 / The blind  
キーワード(2)(和/英) 白杖 / White cane  
キーワード(3)(和/英) 歩行支援 / Walking support  
キーワード(4)(和/英) 仮想誘導路 / Virtual guideway  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 博文 / Hirofumi Watanabe / ワタナベ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎堀 優 / Yu Enokibori / エノキボリ ユウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米澤 朋子 / Tomoko Yonezawa / ヨネザワ トモコ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 間瀬 健二 / Kenji Mase / マセ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-10 13:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2017-84 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.502 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2018-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会