電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-10 14:15
高次脳機能障害者のための生活行動ナビゲーション支援システムとその効果検証
佐野睦夫北野みのり横田和亮兒島宏樹大井 翔阪工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 高次脳機能障害者のための社会復帰に向けた認知リハビリテーション支援システムを開発している. 本報告では,認知リハビリテーションを円滑にするための生活行動ナビゲーション支援システム構成法を,行動モニタリング・理解,行動予測,介助,声掛け,ヘルプ機能,振り返りの観点から論じる.記憶障害が顕著な症例の掃除リハビリテーションを対象とし,生活行動ナビゲーションが認知リハビリテーションにどのように関わっているかについて考察し,効果検証を行う. 
(英) We have developed cognitive rehabilitation systems for higher brain dysfunction persons. This paper discusses how to design an ADL (Activities of Daily Life) navigation support system with respects to behavior monitoring/understanding, behavior estimation, assisting, calling out, helping, and reflection in order to promote cognitive rehabilitation smoothly. For example, we discuss and verify how the ADL navigation system has a relation to cognitive rehabilitation for a patient with distinctive memory disorder.
キーワード (和) 生活行動ナビゲーション支援 / 認知リハビリテーション / 行動モニタリング / 行動理解 / 振り返り / / /  
(英) ADL Navigation Support / Cognitive Rehabilitation / Behavior Monitoring / Behavior Understanding / Reflection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 502, WIT2017-86, pp. 169-174, 2018年3月.
資料番号 WIT2017-86 
発行日 2018-03-02 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2018-03-09 - 2018-03-10 
開催地(和) 筑波技術大学 
開催地(英) Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2018-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高次脳機能障害者のための生活行動ナビゲーション支援システムとその効果検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An ADL Navigation Support System for Higher Brain Dysfunction People and its Effectiveness Verification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生活行動ナビゲーション支援 / ADL Navigation Support  
キーワード(2)(和/英) 認知リハビリテーション / Cognitive Rehabilitation  
キーワード(3)(和/英) 行動モニタリング / Behavior Monitoring  
キーワード(4)(和/英) 行動理解 / Behavior Understanding  
キーワード(5)(和/英) 振り返り / Reflection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 睦夫 / Mutsuo Sano / サノ ムツオ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北野 みのり / Minori Kitano / キタノ ミノリ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 和亮 / Kazuaki Yokota / ヨコタ カズアキ
第3著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 兒島 宏樹 / Hiroki Kojima / コジマ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大井 翔 / Syo Ooi / オオイ ショウ
第5著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-10 14:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2017-86 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.502 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2018-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会