電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 14:30
VDI Proxyを用いたVDIシステムにおけるレイテンシ改善方式の提案
小口直樹高野陽介富士通研)・阿部俊二NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,PCの盗難や紛失による情報漏洩が社会問題となっている.こうした問題に対し,シンクライアントを携行し,ネットワークを介してクラウド上の仮想デスクトップにアクセスするVDIシステムが一つの解決策になると考えられている.こうしたVDIシステムは一般に遅延にセンシティブであるため,品質が悪い無線アクセス網や,仮想デスクトップサーバがあるクラウドから遠い海外などから接続するとユーザの操作感が低下してしまう.そこで本稿では,通信回線の特性や品質に応じて,VDIサーバとシンクライアントの間に仮想デスクトップセッションを終端・中継するVDI Proxyを動的に配備することで,通信特性や品質の影響を低減する方式を提案する.また,本提案方式をユーザがアクセスする無線アクセス網,及びVDIシステムが置かれるクラウドやVDI Proxyを配備するローカルクラウド(エッジクラウド)を接続する広域バックボーン網を模擬する系に適用し評価を行った結果,提案方式が有効である見通しを得た. 
(英) Recently, information leak due to loosing PC is becoming a social problem. VDI system can be one of solutions, where user brings thin client and accesses virtual desktop in a cloud system through networks. As such VDI systems are delay sensitive, user’s operability can easily be affected by user’s network conditions such as wireless access network or long delay network. This paper proposed a method that improves latency in VDI system by dynamically deploying VDI proxy between VDI client and VDI server depending on network condition and quality. Moreover, we evaluated the proposed method using an experiment system, which includes emulated wireless access network and core network connecting cloud systems. As a result, we find out the proposed method can be usable.
キーワード (和) シンクライアント / VDI / プロキシ / エッジクラウド / / / /  
(英) Thin client / VDI / Proxy / Edge cloud / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 491, ICM2017-77, pp. 127-132, 2018年3月.
資料番号 ICM2017-77 
発行日 2018-03-01 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2018-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VDI Proxyを用いたVDIシステムにおけるレイテンシ改善方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of latency improving method in VDI system using VDI Proxy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シンクライアント / Thin client  
キーワード(2)(和/英) VDI / VDI  
キーワード(3)(和/英) プロキシ / Proxy  
キーワード(4)(和/英) エッジクラウド / Edge cloud  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 直樹 / Naoki Oguchi / オグチ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories LTD. (略称: Fujitsu Lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 陽介 / Yosuke Takano / タカノ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories LTD. (略称: Fujitsu Lab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 俊二 / Shunji ABE / アベ シュンジ
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2017-77 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.491 
ページ範囲 pp.127-132 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会