電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 11:15
グラフフーリエ変換を用いたモバイル遅延トモグラフィのためのグラフ構築法
金正英朗阪大)・田行里衣池上大介NTT)・松田崇弘阪大)・岡本 淳NTT)・滝根哲哉阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広域モバイルネットワークにおいて,基地局やサーバ等のネットワーク構成要素で生じる遅延時間を推定するためのモバイル遅延トモグラフィが提案されている.この手法では,基地局の遅延時間のグラフフーリエ変換とサーバの遅延時間にスパース性を仮定し,圧縮センシングを適用することにより平均遅延時間が推定される.高精度な推定を実現するためには,グラフフーリエ変換に必要なグラフ構造を適切に構築する必要があるが,基地局間の距離のみを考慮したグラフ構造では,グラフ上で隣接する基地局間の平均遅延時間の差が大きい場合に推定誤差が増大するという問題が発生する.この問題を解決するため,本稿では,基地局の位置と遅延時間の推定値に基づく3次元特徴空間におけるクラスタリング手法を用いたグラフ構築法を提案し,シミュレーション実験によって提案手法の有効性を示す. 
(英) In wide area mobile networks, {em Mobile Delay Tomography} has been proposed in order to estimate delays at network components such as base stations and servers. In Mobile Delay Tomography, average delays at network components are estimated with {em Compressed Sensing} under an assumption that a {em Graph Fourier Transform}~(GFT) of delays at base stations and delays at servers are represented as sparse vectors. The graph construction scheme for GFT is an important technical issue to achieve highly accurate delay estimation. Graphs constructed based on distance among base stations, however, may increase the estimation error when the difference of average delays among neighboring base stations is large. In this article, we propose a graph construction scheme using a clustering algorithm in 3-dimensional feature space based on locations and estimated delays at base stations. We evaluate the performance of the proposed scheme with simulation experiments.
キーワード (和) 遅延トモグラフィ / グラフフーリエ変換 / 圧縮センシング / グラフ構築法 / クラスタリング / / /  
(英) delay tomography / Graph Fourier Transform / Compressed Sensing / graph construction / clustering / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 486, CQ2017-121, pp. 105-110, 2018年3月.
資料番号 CQ2017-121 
発行日 2018-03-01 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,マルチメディア, メディアエクスペリエンス,映像符号化, イメージメディアの品質,ネットワークの品質および信頼性,一般(食メディア(CEA)研究会,魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) Five Senses Media, Cooking and Eating Activities Media, Multimedia, Media Experience, Video Encoding, Image Media Quality, Network Quality and Reliability, etc. (Co-sponsor: Technical Committee on Multimedia on Cooking and Eating Activities (CEA)) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グラフフーリエ変換を用いたモバイル遅延トモグラフィのためのグラフ構築法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Graph Construction for Mobile Delay Tomography based on Graph Fourier Transform 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遅延トモグラフィ / delay tomography  
キーワード(2)(和/英) グラフフーリエ変換 / Graph Fourier Transform  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / Compressed Sensing  
キーワード(4)(和/英) グラフ構築法 / graph construction  
キーワード(5)(和/英) クラスタリング / clustering  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金正 英朗 / Hideaki Kinsho / キンショウ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田行 里衣 / Rie Tagyo / タギョウ リエ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池上 大介 / Daisuke Ikegami / イケガミ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda / マツダ タカヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 淳 / Jun Okamoto / オカモト ジュン
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝根 哲哉 / Tetsuya Takine / タキネ テツヤ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2017-121 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.486 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会