電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 11:40
強化学習を用いた食事動作のアニメーション制作手法の提案
畠山巧幹浦 正広宮田一乘北陸先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 食事動作は,食べ物や食器などの食事環境によって膨大なパターンの動作が生じる.そこで,本研究では多様な食事環境に対応したアニメーション自動生成を目的とし,強化学習を用いて人が食べ物を口に運ぶ動作の生成を試みる.まず,実際の食事や書籍,映像作品を調査して食事動作のアニメーション制作の課題を想定した.その一部の解決として道具の使い方による違いのある食事動作の生成を試みた.LifeInSilicoにおいて,人物の3Dモデルの手首をエージェントとし,道具を使って食べ物を口に入れるまでの動作を生成した.その結果,食べ物を口に入れる際に,食べ物を道具に乗せる,刺す場合の動作の違いが生成されたアニメーションから確認できた. 
(英) Dining has a great diversity and there is no correct answer. It differs from person to person, and depends on environment such as food and tableware. To create a dining animation, we should consider its variety. We consider that reinforcement learning is one solution to create various and complex animations without huge data collection. This study aims to create a dining animation using reinforcement learning, and evaluate its reality. In conclusion, we modeled the dining behavior. This study tried to generate part of the dining actions by means of reinforcement learning, and confirmed that reinforcement learning can generate human motions to carry a food into the mouth.
キーワード (和) 食事動作 / 強化学習 / アニメーション制作 / / / / /  
(英) Dining / Reinforcement Learning / Creating Animation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 485, MVE2017-93, pp. 143-148, 2018年3月.
資料番号 MVE2017-93 
発行日 2018-03-01 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,マルチメディア, メディアエクスペリエンス,映像符号化, イメージメディアの品質,ネットワークの品質および信頼性,一般(食メディア(CEA)研究会,魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) Five Senses Media, Cooking and Eating Activities Media, Multimedia, Media Experience, Video Encoding, Image Media Quality, Network Quality and Reliability, etc. (Co-sponsor: Technical Committee on Multimedia on Cooking and Eating Activities (CEA)) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2018-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 強化学習を用いた食事動作のアニメーション制作手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A method for creating dining animation using reinforcement learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 食事動作 / Dining  
キーワード(2)(和/英) 強化学習 / Reinforcement Learning  
キーワード(3)(和/英) アニメーション制作 / Creating Animation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 畠山 巧幹 / Takumi Hatakeyama / ハタケヤマ タクミ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦 正広 / Masahiro Ura / ウラ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 一乘 / Kazunori Miyata / ミヤタ カズノリ
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2017-51,IEICE-IE2017-143,IEICE-MVE2017-93 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.483(IMQ), no.484(IE), no.485(MVE) 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2018-03-01,IEICE-IE-2018-03-01,IEICE-MVE-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会