電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 10:20
領域分割とグラフ信号処理を用いた色情報拡散型カラリゼーションの性能改善
菅原 護雨車和憲半谷精一郎東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文ではカラリゼーションと呼ばれる白黒画像をカラー画像に変換する新たな手法を提案する。カラリゼーションのなかには様々な種類があるが、ユーザーが与えた色情報を元に復元する従来手法の多くは比較的多くの範囲に色情報を与える必要がある。そこで近年盛んに研究されているグラフ信号処理という技術を用いて与えられた色情報を元に画像上の重要点の色情報を適切に増やし、その色情報を用いて画像全体を復元する。この手法ではユーザが与える色情報が少ない場合にも画像で全体をカラー化することが出来ることを数値実験によって示す。 
(英) This paper proposes a new method for converting monochrome images to color images called colorization. There are various types of colorization, but most of the conventional methods of restoring based on color information given by the user needs to give color information to a relatively large range. Therefore, based on the technique called graph signal processing which has been actively studied in recent years and using region division , color information of important points on the image is appropriately increased, and the entire image is restored by using the color information . In this method, numerical experiments show that even when the user gives few color information, the entire image can be colorized with the image.
キーワード (和) グラフ信号処理 / カラリゼーション / 画像復元 / / / / /  
(英) Graph Signal Processing / Colorization / Imege Reconstruction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 484, IE2017-146, pp. 161-166, 2018年3月.
資料番号 IE2017-146 
発行日 2018-03-01 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,マルチメディア, メディアエクスペリエンス,映像符号化, イメージメディアの品質,ネットワークの品質および信頼性,一般(食メディア(CEA)研究会,魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) Five Senses Media, Cooking and Eating Activities Media, Multimedia, Media Experience, Video Encoding, Image Media Quality, Network Quality and Reliability, etc. (Co-sponsor: Technical Committee on Multimedia on Cooking and Eating Activities (CEA)) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2018-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 領域分割とグラフ信号処理を用いた色情報拡散型カラリゼーションの性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of Colorization Algorithm based on Image Segmentation and Graph Signal Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グラフ信号処理 / Graph Signal Processing  
キーワード(2)(和/英) カラリゼーション / Colorization  
キーワード(3)(和/英) 画像復元 / Imege Reconstruction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 護 / Mamoru Sugawara / スガワラ マモル
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 雨車 和憲 / Kazunori Uruma / ウルマ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 半谷 精一郎 / Seiichiro Hangai / ハンガイ セイイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IMQ2017-54,IEICE-IE2017-146,IEICE-MVE2017-96 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.483(IMQ), no.484(IE), no.485(MVE) 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2018-03-01,IEICE-IE-2018-03-01,IEICE-MVE-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会