電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 15:45
自動運転用の量子及び古典レーダーカメラと霧の効果-2 ~ スパースモデリング ~
廣田 修玉川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2017年の情報理論とその応用シンポジュームにおいて、自動運転用の
センサーにおいて最も重要な課題である霧の効果を通信理論的に扱う
基礎理論を報告した。本稿は、その第2弾として、動的な霧の理論のまとめを提供し、
それに立脚したレーダーカメラ(相関関数イメージング)
の結像の高速計算プロセスを担うスパースモデリングへの適用可能性を議論する。 
(英) In 40th SITA, we have reported the theory of dynamic fog which is
the most important subject to sensors of self driving car.
As the part 2 of these research, this paper presents the survey
of the theory of dynamic fog, and applicability of such channel model
to sparse modeling for high speed computing in imaging of radar camera.
キーワード (和) 自動運転 / 量子センサー / 霧の理論 / 圧縮センシング / / / /  
(英) Self driving car / Quantum sensor / Theory of Fog / Compressive sensing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 487, IT2017-137, pp. 201-206, 2018年3月.
資料番号 IT2017-137 
発行日 2018-03-01 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 東京理科大(葛飾キャンパス) 
開催地(英) Katsusika Campas, Tokyo University of Science 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2018-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動運転用の量子及び古典レーダーカメラと霧の効果-2 
サブタイトル(和) スパースモデリング 
タイトル(英) Quantum &Classical Radar Camera for Automotive and Effect of Fog-2 
サブタイトル(英) Sparse Modeling 
キーワード(1)(和/英) 自動運転 / Self driving car  
キーワード(2)(和/英) 量子センサー / Quantum sensor  
キーワード(3)(和/英) 霧の理論 / Theory of Fog  
キーワード(4)(和/英) 圧縮センシング / Compressive sensing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 修 / Osamu Hirota / ヒロタ オサム
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2017-137,IEICE-ISEC2017-125,IEICE-WBS2017-118 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.487(IT), no.488(ISEC), no.489(WBS) 
ページ範囲 pp.201-206 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2018-03-01,IEICE-ISEC-2018-03-01,IEICE-WBS-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会