電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 14:20
3DスケッチシステムにおけるON/OFFインタラクションの分析・提案・評価
橋口大地田野俊一橋山智訓電通大)・市野順子東京都市大)・丸谷大樹電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,VR・AR技術の一般化に伴って,様々な3Dスケッチシステムの研究が行われている.しかし,数多の機能的メリットにも関わらず,3Dスケッチシステムは実際の制作現場において活用されていない.本研究では,その原因の一つとして「ON/OFFのインタラクションデザイン」の問題に注目した.既存システムのインタラクションには,ユーザの身体的負担が高く,「描く」行為のコンテキストに即していないという問題がある.これを踏まえ,新たなインタラクションとして「圧力変化」「先端接触」「面装着」の3つを提案する.これら新たなインタラクションと既存のものを,開発した実験用3Dスケッチシステムを用い,速度・精度・疲労の観点から比較評価する. 
(英) In recent years, 3D sketch systems using AR(Augmented Reality) or VR(Virtual Reality) are studied actively. In spite of the fact that 3D sketch systems have various benefits, it has been out of use in general creative works. One of the causes is the interaction design on the switching between ON/OFF. In existing studies of 3D sketch, this switching: inking/not-inking is designed to mechanical push buttons, unnatural gestures or speech recognitions. These interactions put a heavy burden on the users, and they are unnatural for the context of “inking”. In this paper, we propose alternative ON/OFF interactions in 3D sketch system.
キーワード (和) VR / 3D / スケッチ / インタラクション / ON/OFF / / /  
(英) Virtual Reality / 3D / Sketch / Interaction / ON/OFF / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 485, MVE2017-103, pp. 201-206, 2018年3月.
資料番号 MVE2017-103 
発行日 2018-03-01 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,マルチメディア, メディアエクスペリエンス,映像符号化, イメージメディアの品質,ネットワークの品質および信頼性,一般(食メディア(CEA)研究会,魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) Five Senses Media, Cooking and Eating Activities Media, Multimedia, Media Experience, Video Encoding, Image Media Quality, Network Quality and Reliability, etc. (Co-sponsor: Technical Committee on Multimedia on Cooking and Eating Activities (CEA)) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2018-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3DスケッチシステムにおけるON/OFFインタラクションの分析・提案・評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study for the ON/OFF interactions in 3D sketch system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VR / Virtual Reality  
キーワード(2)(和/英) 3D / 3D  
キーワード(3)(和/英) スケッチ / Sketch  
キーワード(4)(和/英) インタラクション / Interaction  
キーワード(5)(和/英) ON/OFF / ON/OFF  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋口 大地 / Daichi Hashiguchi / ハシグチ ダイチ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 俊一 / Shun'ichi Tano / タノ シュンイチ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋山 智訓 / Tomonori Hashiyama / ハシヤマ トモノリ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 市野 順子 / Junko Ichino / イチノ ジュンコ
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸谷 大樹 / Taiki Maruya / マルヤ タイキ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2017-61,IEICE-IE2017-153,IEICE-MVE2017-103 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.483(IMQ), no.484(IE), no.485(MVE) 
ページ範囲 pp.201-206 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2018-03-01,IEICE-IE-2018-03-01,IEICE-MVE-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会