電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 14:50
物理光学法を用いた粗面散乱シミュレーション
三宅時生高田潤一東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代移動通信では高周波数帯が用いられるため,電波伝搬は粗面の散乱の影響を大きく受ける.本報では,有限サイズの粗面による広帯域での散乱を評価するために物理光学法を用いた散乱のシミュレーションを行なった.粗面に関しては,確率分布によって面のRMS高さと相関長が定義されるランダム散乱面を想定し,モンテカルロシミュレーションが行なわれた.シミュレーション結果はレーダー反射断面積の値で評価され,ランダム散乱面のパラメタと散乱の関係が考察された. 
(英) Since high frequency band is used in next generation mobile communication, radio wave propagation is greatly affected by rough surface scattering. In this report, in order to evaluate the scattering in the wideband with the finite size rough surface, scattering simulation using the physical optics method was performed. For the rough surface simulation, the Monte Carlo simulation was conducted by assuming a random scattering plate which RMS height and correlation length of surface are defined by the probability distribution. The simulation result was evaluated by the value of the radar cross section, and the relationship between the parameters of random rough surface and scattering was considered.
キーワード (和) 物理光学法 / 粗面散乱 / / / / / /  
(英) Physical optics / Rough surface scattering / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 490, AP2017-204, pp. 69-73, 2018年3月.
資料番号 AP2017-204 
発行日 2018-03-01 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) ホテル一井(群馬・草津温泉) 
開催地(英) Hotel Ichii (Kusatsu, Gunma) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-03-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物理光学法を用いた粗面散乱シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numerical simulation of scattering from random rough surface by using physical optics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物理光学法 / Physical optics  
キーワード(2)(和/英) 粗面散乱 / Rough surface scattering  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 時生 / Tokio Miyake / ミヤケ トキオ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-204 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.490 
ページ範囲 pp.69-73 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会