電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-08 15:30
Eye-Gaze Differences and Saliency Prediction Across Different age Groups
Onkar KrishnaKiyoharu AizawaUniv. of Tokyo
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) The human visual system has developed the ability to process a scene by selecting the most relevant parts of the scene unconsciously. This mechanism is called selective attention, and has been developed in order to quickly spot danger. Only within the last 10-15 years, researchers in computer vision exploited the concept of human selective attention for computational models of saliency prediction. However, the saliency models developed so far have considered only adult observers and do not generalize well to the observers of different age groups. We developed a framework to analyze eye-movement behavior of observers belonging to different age groups while they explored the scene. Analysis results were used to develop age adapted saliency models. Our results suggest that the proposed age-adapted saliency model outperforms existing saliency models in predicting the regions of interest across age groups. 
(英) The human visual system has developed the ability to process a scene by selecting the most relevant parts of the scene unconsciously. This mechanism is called selective attention, and has been developed in order to quickly spot danger. Only within the last 10-15 years, researchers in computer vision exploited the concept of human selective attention for computational models of saliency prediction. However, the saliency models developed so far have considered only adult observers and do not generalize well to the observers of different age groups. We developed a framework to analyze eye-movement behavior of observers belonging to different age groups while they explored the scene. Analysis results were used to develop age adapted saliency models. Our results suggest that the proposed age-adapted saliency model outperforms existing saliency models in predicting the regions of interest across age groups.
キーワード (和) Saliency / Fixations / Visual Perception / Eye-movement / / / /  
(英) Saliency / Fixations / Visual Perception / Eye-movement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 485, MVE2017-79, pp. 67-72, 2018年3月.
資料番号 MVE2017-79 
発行日 2018-03-01 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,マルチメディア, メディアエクスペリエンス,映像符号化, イメージメディアの品質,ネットワークの品質および信頼性,一般(食メディア(CEA)研究会,魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) Five Senses Media, Cooking and Eating Activities Media, Multimedia, Media Experience, Video Encoding, Image Media Quality, Network Quality and Reliability, etc. (Co-sponsor: Technical Committee on Multimedia on Cooking and Eating Activities (CEA)) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2018-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Eye-Gaze Differences and Saliency Prediction Across Different age Groups 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Saliency / Saliency  
キーワード(2)(和/英) Fixations / Fixations  
キーワード(3)(和/英) Visual Perception / Visual Perception  
キーワード(4)(和/英) Eye-movement / Eye-movement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Onkar Krishna / Onkar Krishna /
第1著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Kiyoharu Aizawa / Kiyoharu Aizawa /
第2著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-08 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2017-37,IEICE-IE2017-129,IEICE-MVE2017-79 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.483(IMQ), no.484(IE), no.485(MVE) 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2018-03-01,IEICE-IE-2018-03-01,IEICE-MVE-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会