電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-08 09:30
再帰性反射材を用いたHUDのための両眼立体視に関する検討
松本愼太郎磯部良太澤邊太志神原誠之奈良先端大)・萩田紀博ATR
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) HUDを用いたARによる情報呈示の提案が,自動車分野をはじめとして多くなされており,HUDが搭載された実用車も増えてきている.しかし,現状用いられている HUDでは,視野角が狭いことや近焦点であることなどの問題点があげられ,その対策としての広視野・遠焦点な車載HUDはコストやサイズの観点から実現が難しいとされる.そこで,本研究では,広視野・遠焦点で出力することが可能な車載HUDの開発のための検討として,再帰性反射材を用いたHUDを提案・設計し,それらの光学部品と人間の知覚との関係を調査する.提案する HUD を用いた実験の結果,HUD の光学部品と人間の両眼立体視や奥行き知覚に関して,一定の傾向を確認することができた. 
(英) There are many proposals for presenting information by AR using HUD, especially in the automobile field, and the number of practical vehicles equipped with HUD is increasing. But in the HUD currently used, problems of narrow viewing angle and near focus are pointed out. And It is said that it is difficult to realize wide-field, far-focus car-mounted HUD due to cost and size. Therefore, in this research, As a study for the development of in-vehicle HUD, we propose and design HUD using retroreflective materials and investigate the relationship between these optical components and human perception. As a result of experiments using HUD, we could confirm a certain tendency with respect to optical components of HUD and binocular stereopsis and depth perception of human beings.
キーワード (和) 再帰性反射材 / HUD / 両眼立体視 / 奥行き知覚 / / / /  
(英) Retroreflective materials / Head-Up Display / Binocular stereopsis / Depth perception / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 485, MVE2017-66, pp. 1-4, 2018年3月.
資料番号 MVE2017-66 
発行日 2018-03-01 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,マルチメディア, メディアエクスペリエンス,映像符号化, イメージメディアの品質,ネットワークの品質および信頼性,一般(食メディア(CEA)研究会,魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) Five Senses Media, Cooking and Eating Activities Media, Multimedia, Media Experience, Video Encoding, Image Media Quality, Network Quality and Reliability, etc. (Co-sponsor: Technical Committee on Multimedia on Cooking and Eating Activities (CEA)) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2018-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再帰性反射材を用いたHUDのための両眼立体視に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis on binocular stereopsis for HUD using retroreflective materials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 再帰性反射材 / Retroreflective materials  
キーワード(2)(和/英) HUD / Head-Up Display  
キーワード(3)(和/英) 両眼立体視 / Binocular stereopsis  
キーワード(4)(和/英) 奥行き知覚 / Depth perception  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 愼太郎 / Shintaro Matsumoto / マツモト シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯部 良太 / Ryouta Isobe / イソベ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤邊 太志 / Taishi Sawabe / サワベ タイシ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 神原 誠之 / Masayuki Kanbara / カンバラ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩田 紀博 / Norihiro Hagita / ハギタ ノリヒロ
第5著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-08 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2017-24,IEICE-IE2017-116,IEICE-MVE2017-66 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.483(IMQ), no.484(IE), no.485(MVE) 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IMQ-2018-03-01,IEICE-IE-2018-03-01,IEICE-MVE-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会