電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-08 15:15
大規模観測データに基づくDRDoS攻撃用リフレクタの実証分析
浦川順平村上洸介山田 明窪田 歩KDDI総合研究所
抄録 (和) 設定が不適切な状態で公開されているリフレクタと呼ばれるサーバ群にパケットを反射させることで実行するDRDoS 攻撃(Distributed Reflective Denial of Service)が深刻化している.本論文では,日本国内ISP の大規模観測データを分析し,プロトコル別リフレクタ数,攻撃関与頻度,出力トラヒック,未知リフレクタの出現頻度等の傾向を明らかにする.また,攻撃履歴情報に基づくリフレクタの優先的規制方式を提案し,実データにより評価検証を行う.本実験の結果,リフレクタを合計byte 数に基づいて順位付けし,上位1,000 リフレクタ(全体の0.2%)のみを規制することで,攻撃の50%を削減可能であることを実証した. 
(英) DRDoS (Distributed Reflective Denial of Service) attack, which abuses publicly accessible servers called as a reflector, is a menace to today’s Internet. We reveal the reflectors’ trend such as the number of reflectors per protocol, attack frequency, traffic, and the appearance frequency of reflectors. In addition, we propose the method to block the reflectors in order of priority based on attack history of reflectors and evaluate it by large-scale real network data. we demonstrate that blocking top 1,000 reflectors (0.2% of all) based on past total attack bytes reduce 50% of entire attack bytes.
キーワード (和) DDoS攻撃 / DRDoS攻撃 / リフレクタ / / / / /  
(英) DDoS attack / DRDoS attack / Reflector / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 481, ICSS2017-82, pp. 199-204, 2018年3月.
資料番号 ICSS2017-82 
発行日 2018-02-28 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2018-03-07 - 2018-03-08 
開催地(和) 沖縄北部雇用能力開発総合センター 
開催地(英) Okinawa Hokubu Koyou Nouryoku Kaihatsu Sougou Center 
テーマ(和) セキュリティ,トラスト,一般 
テーマ(英) Security, Trust, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2018-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模観測データに基づくDRDoS攻撃用リフレクタの実証分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Empirical Analysis of Reflectors in DRDoS attacks based on Large-Scale Network Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DDoS攻撃 / DDoS attack  
キーワード(2)(和/英) DRDoS攻撃 / DRDoS attack  
キーワード(3)(和/英) リフレクタ / Reflector  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦川 順平 / Jumpei Urakawa / ウラカワ ジュンペイ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 洸介 / Kosuke Murakami / ムラカミ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 明 / Akira Yamada / ヤマダ アキラ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 歩 / Ayumu Kubota / クボタ アユム
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-08 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2017-82 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.481 
ページ範囲 pp.199-204 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2018-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会