電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-08 09:25
XORベースの一般的な階層に適用可能な階層的秘密分散法の研究
島 幸司土井 洋情報セキュリティ大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 参加者をレベルに分割し,そのレベルで分割された参加者のグループ間で秘密を共有する階層的秘密分散法が知られている.本論文では,栗原らの排他的論理和(XOR)ベースの秘密分散法に階層のアイデアを導入し,任意の階層に適用可能な最小限の高いレベルの参加者が必要とされる階層的秘密分散法を提案する.これまで一般的な階層に適用可能な有限体上での構成は知られているが,一般的な階層に適用可能なXORベースの構成は知られていない.また,実用性を見据えて,ソフトウェア実装評価を示す. 
(英) Hierarchical secret sharing schemes are known for how they share a secret among a group of participants partitioned into levels. In this paper, we apply the general concept of hierarchy to Kurihara et al.'s XOR-based secret sharing scheme and propose a hierarchical secret sharing scheme applicable at any level. In our scheme, a minimal number of higher-level participants are required for recovery of the secret. Such hierarchical schemes applicable at any level over finite fields have been proposed, but no XOR-based hierarchical schemes applicable at any level have been reported. Taking practical use into consideration, we also show our evaluation of our software implementation.
キーワード (和) 秘密分散法 / 階層的アクセス構造 / XORベース / ソフトウェア実装 / / / /  
(英) secret sharing scheme / hierarchical access structure / XOR based scheme / software implementation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 488, ISEC2017-106, pp. 81-88, 2018年3月.
資料番号 ISEC2017-106 
発行日 2018-03-01 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 東京理科大(葛飾キャンパス) 
開催地(英) Katsusika Campas, Tokyo University of Science 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2018-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) XORベースの一般的な階層に適用可能な階層的秘密分散法の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on hierarchical secret sharing schemes applicable to any level based on XOR operations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 秘密分散法 / secret sharing scheme  
キーワード(2)(和/英) 階層的アクセス構造 / hierarchical access structure  
キーワード(3)(和/英) XORベース / XOR based scheme  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア実装 / software implementation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 島 幸司 / Koji Shima / シマ コウジ
第1著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土井 洋 / Hiroshi Doi / ドイ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: IISEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-08 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2017-118,IEICE-ISEC2017-106,IEICE-WBS2017-99 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.487(IT), no.488(ISEC), no.489(WBS) 
ページ範囲 pp.81-88 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2018-03-01,IEICE-ISEC-2018-03-01,IEICE-WBS-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会