お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-08 10:15
情報源近似と漸近十分統計量を用いた強ユニバーサルFV符号の最悪冗長度の評価
有村光晴湘南工科大)・長岡浩司電通大IT2017-106 ISEC2017-94 WBS2017-87
抄録 (和) 著者らは以前,漸近十分統計量を用いた二段階符号のユニバーサル性の証明を行なったが,弱ユニバーサル性を証明するのに用いた定理をそのまま用いて強ユニバーサル性を証明することができていなかった.本稿では,弱ユニバーサル性を示す際に漸近十分性を示すために用いた定理と情報源近似を組み合わせることで,強ユニバーサル性の証明ができる定理を示す.この定理を用い,ブロック分割を用いたユニバーサル符号,およびそのバリエーションとして見ることのできる,MPM符号およびLZY符号の分割木を用いる二段階Lempel-Ziv符号について,最悪冗長度を評価することで個別強ユニバーサル性を証明する. 
(英) The universality of some variations of two-step lossless source codes using asymptotically sufficient statistics were proved by the authors. However, the theorem to show the weak universality could not be used to prove the strong universality. In this paper, a new theorem is established, and it is shown that the strong universality can be proved by combining the source approximation and the theorem which was used to show the weak universality in the previous result. Some two-step source codes including the MPM code and the two-step LZ78 code are proved to be strongly universal using the new theorem.
キーワード (和) 情報源符号化 / ユニバーサル符号 / 冗長度 / 十分統計量 / 漸近十分統計量 / LZ78符号 / MPM符号 /  
(英) Source Coding / Universal Code / Redundancy / Sufficient Statistic / Asymptotically Sufficient Statistic / LZ78 Code / MPM Code /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 487, IT2017-106, pp. 19-24, 2018年3月.
資料番号 IT2017-106 
発行日 2018-03-01 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2017-106 ISEC2017-94 WBS2017-87

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 東京理科大(葛飾キャンパス) 
開催地(英) Katsusika Campas, Tokyo University of Science 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2018-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報源近似と漸近十分統計量を用いた強ユニバーサルFV符号の最悪冗長度の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of the Worst-Case Redundancy of Strongly Universal FV Source Codes Using the Source Approximation and the Asymptotically Sufficient Statistic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報源符号化 / Source Coding  
キーワード(2)(和/英) ユニバーサル符号 / Universal Code  
キーワード(3)(和/英) 冗長度 / Redundancy  
キーワード(4)(和/英) 十分統計量 / Sufficient Statistic  
キーワード(5)(和/英) 漸近十分統計量 / Asymptotically Sufficient Statistic  
キーワード(6)(和/英) LZ78符号 / LZ78 Code  
キーワード(7)(和/英) MPM符号 / MPM Code  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有村 光晴 / Mitsuharu Arimura / アリムラ ミツハル
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長岡 浩司 / Hiroshi Nagaoka / ナガオカ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-08 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2017-106,IEICE-ISEC2017-94,IEICE-WBS2017-87 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.487(IT), no.488(ISEC), no.489(WBS) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2018-03-01,IEICE-ISEC-2018-03-01,IEICE-WBS-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会