電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-08 14:50
薄膜デバイスを用いたニューロモルフィックシステム
木村 睦龍谷大)・山根弘樹中島康彦奈良先端大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 人工知能は様々な応用に用いられ未来社会で不可欠な技術である.しかしながら,高性能なハードウェアで実行される複雑なソフトウェアとして実現され,サイズが大型で電力が膨大であることが課題であった.ニューロモルフィックシステムはハードウェアのレベルから生体系を模し,コンパクトで電力が微小で動作がロバストであることが期待される.いっぽう,薄膜デバイスは大面積に積層構造で作製することが可能である.我々は,薄膜デバイスを用いたニューロモルフィックシステムを研究している.本研究では,薄膜デバイスを用いたニューロモルフィックシステムの基本的な動作を確認することに成功した.本システムはスケーラブルでアダプティブであり,大規模化と積層構造で,これまでの人工知能と同等の機能を実現する可能性を有している.加えて,低消費電力化でエネルギ危機を回避し,コンパクト化でAI on Everything(AIoE)を実現できる可能性を秘めている.従来のサーバーやネットワークに接続して動作する人工知能とともに,それらなしに動作するニューロモルフィックシステムも備えたハイブリッド型の人工知能は,自律型ロボットへの搭載が期待されるものでもある. 
(英) Artificial intelligences are utilized for various applications and indispensable technologies in future societies. However, they are realized as complicated software executed on high-spec hardware, and it is issues that the size is bulky and the power is huge. Neuromorphic systems mimic biological systems from hardware level, and it is expected that the size is compact, the power is little, and the working is robust. On the other hand, thin-film devices can be fabricated on large area with layered structure. We are investigating neuromorphic systems using thin-film devices. In this study, we have succeeded in confirming the basic working of the neuromorphic systems using thin-film devices. These systems are scalable and adoptive, and have possibilities to realize the same functions as those of the conventional artificial intelligences by scaling and layering. In addition, they also have potentials to avoid energy crisis by the low power and realize AI on Everything (AIoE) by the compact size. It is expected that hybrid-type artificial intelligences are installed in autonomous-type robots, which prepare not only the conventional artificial intelligence working with connections to servers and networks but also neuromorphic systems working without them.
キーワード (和) 薄膜デバイス / ニューロモルフィックシステム / 人工知能 / AI on Everything(AIoE) / / / /  
(英) Thin-Film Device / Neuromorphic System / Artificial Intelligence / AI on Everything(AIoE) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 495, EID2017-47, pp. 11-14, 2018年3月.
資料番号 EID2017-47 
発行日 2018-03-01 (EMD, MR, SCE, EID, ED, CPM, SDM, ICD, OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPM ED EID SDM ICD MRIS QIT SCE 
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-08 
開催地(和) 東レ総合研修センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 回路デバイス境界技術領域合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2018-03-CPM-ED-EID-SDM-ICD-MRIS-QIT-SCE-OME-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 薄膜デバイスを用いたニューロモルフィックシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Neuromorphic Systems using Thin-Film Devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 薄膜デバイス / Thin-Film Device  
キーワード(2)(和/英) ニューロモルフィックシステム / Neuromorphic System  
キーワード(3)(和/英) 人工知能 / Artificial Intelligence  
キーワード(4)(和/英) AI on Everything(AIoE) / AI on Everything(AIoE)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 睦 / Mutsumi Kimura / キムラ ムツミ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 弘樹 / Hiroki Yamane / ヤマネ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 康彦 / Yasuhiko Nakashima / ナカシマ ヤスヒコ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-08 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EMD2017-74,IEICE-MR2017-45,IEICE-SCE2017-45,IEICE-EID2017-47,IEICE-ED2017-119,IEICE-CPM2017-139,IEICE-SDM2017-119,IEICE-ICD2017-124,IEICE-OME2017-68 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.492(EMD), no.493(MR), no.494(SCE), no.495(EID), no.496(ED), no.497(CPM), no.498(SDM), no.499(ICD), no.500(OME) 
ページ範囲 pp.11-14 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2018-03-01,IEICE-MR-2018-03-01,IEICE-SCE-2018-03-01,IEICE-EID-2018-03-01,IEICE-ED-2018-03-01,IEICE-CPM-2018-03-01,IEICE-SDM-2018-03-01,IEICE-ICD-2018-03-01,IEICE-OME-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会