電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-08 11:40
場所に関連した単語の音声提示による偶発的語彙学習手法
濱田健夫東大)・福嶋政期JST/産総研)・ハウタサーリ アリ東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第二言語の習得に伴い語彙学習には多くの時間を要する。本研究は、第二言語学習の初期段階における最初の語彙習得の支援を目的とし、通勤通学など移動の隙間時間に利用できる音声提示による語彙学習手法を提案する。また移動中のコンテキストの変化を用いて学習コンテンツの音声提示を行うモバイルアプリケーションを開発し、第二言語としてスペイン語の事前知識のない日本語を母語とする学習者を対象に、提案手法の有用性の検証を行なった。 
(英) In this work, we present a learning method that allows beginner-level L2 learners to leverage their dead time, such as when walking to and from school or work, to study new vocabulary items. We introduce a smartphone application which combines location-based contextually relevant L1-L2 word pairs (Japanese-Spanish) and audio learning to allow learners to “discover” new foreign language words while walking. We report on the evaluation of the approach for beginner-level second language vocabulary acquisition.
キーワード (和) 偶発的学習 / コンテキストアウェアネス / マイクロラーニング / 語彙学習 / / / /  
(英) Incidental learning / Context awareness / Microlearning / Vocabulary acquisition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 485, MVE2017-71, pp. 29-33, 2018年3月.
資料番号 MVE2017-71 
発行日 2018-03-01 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,マルチメディア, メディアエクスペリエンス,映像符号化, イメージメディアの品質,ネットワークの品質および信頼性,一般(食メディア(CEA)研究会,魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) Five Senses Media, Cooking and Eating Activities Media, Multimedia, Media Experience, Video Encoding, Image Media Quality, Network Quality and Reliability, etc. (Co-sponsor: Technical Committee on Multimedia on Cooking and Eating Activities (CEA)) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2018-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 場所に関連した単語の音声提示による偶発的語彙学習手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Incidental Second Language Vocabulary Learning Method with Location-Based Audio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 偶発的学習 / Incidental learning  
キーワード(2)(和/英) コンテキストアウェアネス / Context awareness  
キーワード(3)(和/英) マイクロラーニング / Microlearning  
キーワード(4)(和/英) 語彙学習 / Vocabulary acquisition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱田 健夫 / Takeo Hamada / ハマダ タケオ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福嶋 政期 / Shogo Fukushima / フクシマ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 科学技術振興機構/産業技術総合研究所 (略称: JST/産総研)
Japan Science and Technology Agency/The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: JST/AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ハウタサーリ アリ / Ari Hautasaari / ハウタサーリ アリ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-08 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2017-29,IEICE-IE2017-121,IEICE-MVE2017-71 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.483(IMQ), no.484(IE), no.485(MVE) 
ページ範囲 pp.29-33 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IMQ-2018-03-01,IEICE-IE-2018-03-01,IEICE-MVE-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会