電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-08 15:00
不審行動検出に向けた複数人物追跡とバイオセンシングの検討
横山怜汰竹内 健金井謙治甲藤二郎早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 防犯カメラの映像における不審行動の自動検出は重要な課題とされてきている.本稿では,不審行動検出に向けた複数人物追跡と心拍計測の手法を検討する.複数人物追跡には,人物検出とカルマンフィルタ,ハンガリアンアルゴリズムを用いたSORT(Simple Online and Realtime Tracking)を使用する.SORTでは使用する人物検出手法が追跡の精度に大きく影響する.本稿では,異なる人物検出方法を用いた場合の追跡制度の評価を行い比較する.そして心拍計測には,顔の写った映像にVideo MagnificationによるColor Amplificationを適用することで得られる色の変化を使用する手法を提案し,パルスオキシメータによる計測と比較して評価する. 
(英) Automatic detection of suspicious behaviors in video surveillance is an important issue. To address this fact, in this paper, we introduce a multiple person tracking method and heart rate measurement. In the multiple person tracking, we apply different human detection methods into SORT (Simple Online and Realtime Tracking) because the tracking accuracy of SORT heavily depends on the detection accuracy, and evaluate the accuracy improvement of SORT. In the heart rate measurement, we propose an image-based method by using Color Amplification that obtains color-amplified video, and evaluate the performance of the methods by comparing to the pulse oximeter measurement.
キーワード (和) 不審行動検出 / 複数人物追跡 / バイオセンシング / 心拍計測 / / / /  
(英) Suspicious behavior detection / Multiple person tracking / Bio-sensing / Heart rate measurement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 484, IE2017-134, pp. 95-100, 2018年3月.
資料番号 IE2017-134 
発行日 2018-03-01 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ MVE IE IMQ  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,マルチメディア, メディアエクスペリエンス,映像符号化, イメージメディアの品質,ネットワークの品質および信頼性,一般(食メディア(CEA)研究会,魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) Five Senses Media, Cooking and Eating Activities Media, Multimedia, Media Experience, Video Encoding, Image Media Quality, Network Quality and Reliability, etc. (Co-sponsor: Technical Committee on Multimedia on Cooking and Eating Activities (CEA)) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2018-03-CQ-MVE-IE-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不審行動検出に向けた複数人物追跡とバイオセンシングの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiple Person Tracking and Bio-Sensing for Suspicious Behavior Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 不審行動検出 / Suspicious behavior detection  
キーワード(2)(和/英) 複数人物追跡 / Multiple person tracking  
キーワード(3)(和/英) バイオセンシング / Bio-sensing  
キーワード(4)(和/英) 心拍計測 / Heart rate measurement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 怜汰 / Ryota Yokoyama / ヨコヤマ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 健 / Masaru Takeuchi / タケウチ マサル
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-08 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IMQ2017-42,IEICE-IE2017-134,IEICE-MVE2017-84 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.483(IMQ), no.484(IE), no.485(MVE) 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2018-03-01,IEICE-IE-2018-03-01,IEICE-MVE-2018-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会