お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-07 12:00
局所性鋭敏型ハッシュを用いたコードクローン検出のためのパラメータ決定手法
徳井翔梧阪大)・吉田則裕名大)・崔 恩瀞奈良先端大)・井上克郎阪大SS2017-74
抄録 (和) 局所性鋭敏型ハッシュ (LSH) とは,高次元なデータを確率的にハッシュし,近傍点を見つけるアルゴリズムである.クローン検出においてLSHの処理に大きな時間を占めており,LSHの処理速度を向上させることが求められている.本研究では,検出精度を変えずに高速にLSHの処理をするために,LSHに与えるパラメータを,対象ソースコードから決定する手法を提案する. 
(英) LSH (Locality-Sensitive Hashing) is a near neighbor search algorithm that performs probabilistic hashing of high-dimensional data. For reducing the detection time of code clones, the execution time of LSH needs to be speeded up. In this study, we propose an approach to determine LSH parameters based on source code analysis in order to not only speed up code clone detection but also keep the preciseness of it.
キーワード (和) コードクローン / コードブロック / 局所性鋭敏型ハッシュ / / / / /  
(英) Code Clone / Locality-Sensitive Hashing / Code block / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 477, SS2017-74, pp. 57-62, 2018年3月.
資料番号 SS2017-74 
発行日 2018-02-27 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2017-74

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2018-03-06 - 2018-03-07 
開催地(和) 南大東島 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2018-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所性鋭敏型ハッシュを用いたコードクローン検出のためのパラメータ決定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Determination Method of Locality Sensitive Hashing Parameters for Code Clone Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コードクローン / Code Clone  
キーワード(2)(和/英) コードブロック / Locality-Sensitive Hashing  
キーワード(3)(和/英) 局所性鋭敏型ハッシュ / Code block  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳井 翔梧 / Shogo Tokui / トクイ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 則裕 / Norihiro Yoshida / ヨシダ ノリヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 崔 恩瀞 / Eunjong Choi / Eunjong Choi
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 克郎 / Katsuro Inoue / イノウエ カツロウ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-07 12:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2017-74 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2018-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会