お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-06 11:20
量子ドット半導体光増幅器内で発生する周波数チャープを用いた光信号再生器
伊藤玄馬松浦基晴電通大PN2017-107
抄録 (和) 近年,通信トラヒックの需要拡大に伴い,ネットワークの高速化が求められており,光信号処理技術の進歩が課題となっている.その中でも,劣化した光信号を再生させる光信号再生器が重要な技術のひとつとして挙げられている.本研究では,量子ドット半導体光増幅器を用いた際に生じる周波数チャープおよび相互利得変調を応用した光信号再生器を設計した.1.55 $¥mu$m 帯の 10 Gbit/s 光信号を用いた伝送実験を行い,信号品質の評価と光信号再生機能の有効性を確認した.結果として,高い信号品質ならびに高性能な光信号再生機能が得られることを実証した. 
(英) Recently, with the demand for high-speed network, optical regenerator is an essential function for supporting high-speed data transmission. We propose an optical regenerator using frequency chirp in a quantum-dot semiconductor optical amplifier. To evaluate the signal regeneration effect, we experimentally demonstrate the signal regeneration using a 10-Gbit/s data signal at a wavelength of 1.55 $¥mu$m. As a result, we successfully achieve high regeneration performance.
キーワード (和) 量子ドット半導体光増幅器(QD-SOA) / 光信号再生器 / 周波数チャープ / 相互利得変調(XGM) / / / /  
(英) Quantum-dot semiconductor amplifier (QD-SOA) / Optical regenerator / Frequency chirp / Cross gain modulation (XGM) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 473, PN2017-107, pp. 105-110, 2018年3月.
資料番号 PN2017-107 
発行日 2018-02-26 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード PN2017-107

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2018-03-05 - 2018-03-06 
開催地(和) 南種子町商工会館 
開催地(英) Minami Tanemachi Shoko Kaikan 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2018-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子ドット半導体光増幅器内で発生する周波数チャープを用いた光信号再生器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optical Regenerator using frequency chirp in a QD-SOA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子ドット半導体光増幅器(QD-SOA) / Quantum-dot semiconductor amplifier (QD-SOA)  
キーワード(2)(和/英) 光信号再生器 / Optical regenerator  
キーワード(3)(和/英) 周波数チャープ / Frequency chirp  
キーワード(4)(和/英) 相互利得変調(XGM) / Cross gain modulation (XGM)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 玄馬 / Genma Ito / イトウ ゲンマ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 基晴 / Motoharu Matsuura / マツウラ モトハル
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-06 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2017-107 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.473 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2018-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会