電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-06 16:30
OSS開発における品質に関する議論の可視化に向けて
中西駿太崔 恩瀞飯田 元奈良先端大SS2017-70
抄録 (和) ソフトウェアの開発コストを削減するため,企業のソフトウェア開発現場においてOSS(オープンソースソフトウェア) の導入が盛んである.しかし,品質の低いOSS を導入すると開発コストの増加を招く恐れがある.これを防ぐため,導入の対象となるOSS の品質を事前に把握する必要があるが,OSS の品質を公開情報から把握することは困難である.本研究ではOSS 開発における意思決定プロセスやレビュープロセスで行われた,OSS 開発者による品質に関する議論を可視化するシステムを開発する.このシステムによって企業でOSS 導入する際に品質情報の把握に役立つことが期待できる. 
(英) To reduce software development cost, Open Source software (OSS) is frequently used in software development companies. However, using OSS with low software quality increase development cost. To prevent this problems, it is necessary to grasp the quality of target OSS in advance, however, it is difficult to grasp the quality of the OSS from available information. In this pape, we present a system that that visualizes OSS developers’ discussions on software quality during decision-making and review processes. We hope that this system will be helpful for grasping quality information of OSS in software development companies.
キーワード (和) ソフトウェア品質 / 可視化 / トピックモデル / オープンソースソフトウェア / / / /  
(英) software quality / visualization / Topic Model / Open Source Software / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 477, SS2017-70, pp. 35-38, 2018年3月.
資料番号 SS2017-70 
発行日 2018-02-27 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2017-70

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2018-03-06 - 2018-03-07 
開催地(和) 南大東島 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2018-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OSS開発における品質に関する議論の可視化に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward Visualization of Discussions about Software Quality in OSS Development 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア品質 / software quality  
キーワード(2)(和/英) 可視化 / visualization  
キーワード(3)(和/英) トピックモデル / Topic Model  
キーワード(4)(和/英) オープンソースソフトウェア / Open Source Software  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 駿太 / Shunta Nakanishi / ナカニシ シュンタ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 崔 恩瀞 / Eunjong Choi / チェ ウンジョン
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 元 / Hajimu Iida / イイダ ハジム
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-06 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2017-70 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SS-2018-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会