電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-06 10:40
[チュートリアル講演]データハイディング技術における攻撃耐性 ~ ロバスト性と安全性 ~
栗林 稔岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) データハイディング技術に対する攻撃耐性として,ロバスト性と安全性とは同じように扱われることがあるが,大きな違いがある.国内では信号処理に基づく攻撃に対する耐性は盛んに研究されているが,10 年以上議論されている電子透かし技術の安全性についても注目すべきである.攻撃者が電子透かし方式に関する情報を知り得るならば,攻撃のやり方も変わるはずである.透かし情報がいくつかの周波数成分に挿入される場合,攻撃者は全周波数成分から攻撃対象とすべき成分を絞り込むかもしれない本チュートリアルでは,電子透かし技術におけるロバスト性と安全性の最近の研究トレンドを紹介する. 
(英) The robustness and security are sometimes regarded as similar meaning in data hiding technique. The tolerance against attacks is much complicated under the possible environments. Although the robustness against some signal processing attacks has been investigated in many domestic research, we should pay attention to the security of watermarking scheme which has been intensively studied for the past 10 years. Once adversaries get information about watermarking schemes, the attack scenario must be changed. If watermark is inserted into some frequency components, they will be able to classify the targets from all components. In this tutorial, we review the recent trends in the study of robustness and security of watermarking technique.
キーワード (和) 電子透かし / ロバスト性 / 安全性 / ホスト信号 / 秘密鍵 / / /  
(英) watermarking / robustness / security / host signal / secret key / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 476, EMM2017-90, pp. 67-72, 2018年3月.
資料番号 EMM2017-90 
発行日 2018-02-26 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2018-03-05 - 2018-03-06 
開催地(和) 奄美市名瀬公民館 
開催地(英) Naze Community Center (Amami-Shi, Kagoshima) 
テーマ(和) 画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英) Image and Sound Quality, Metrics for Perception and Recognition, Human Auditory and Visual System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2018-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データハイディング技術における攻撃耐性 
サブタイトル(和) ロバスト性と安全性 
タイトル(英) Tolerance against Attacks in Data Hiding Technique 
サブタイトル(英) Robustness versus Security 
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / watermarking  
キーワード(2)(和/英) ロバスト性 / robustness  
キーワード(3)(和/英) 安全性 / security  
キーワード(4)(和/英) ホスト信号 / host signal  
キーワード(5)(和/英) 秘密鍵 / secret key  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 稔 / Minoru Kuribayashi / クリバヤシ ミノル
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-06 10:40:00 
発表時間 50 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2017-90 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.476 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2018-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会