電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-06 15:00
リファクタリング支援を目的としたメソッドのインライン化事例の特徴調査
山田悠貴上村恭平崔 恩瀞奈良先端大)・吉田則裕名大)・飯田 元奈良先端大SS2017-68
抄録 (和) メソッドのインライン化は, 呼びさされている側のメソッドを呼び出している側に展開するリファクタリングであり,開発者が実施する頻度が高いことが知られている.
しかし,現在までメソッドのインライン化を支援するツールは提案されてない.
この問題を解決するために,メソッドのインライン化を支援するツールを開発する必要があるが,メソッドのインライン化の支援においてどの尺度が有効であるかは明らかになっていない.
そこで, 本研究では, メソッドのインライン化実施を支援するツールを開発するために, 過去にメソッドのインライン化が実施された対象の特徴を調べた.
また,その調査結果からメソッドのインライン化支援手法を考案した. 
(英) Inline Method is refactoring which puts a method body into its caller and
remove the method. Although this refactoring is frequently performed, there exists no tool to support Inline Method. To facilitate this problem, a tools that supports Inline Method is necessary, however, it is unclear which method is effective for supporting Inline Method. To develop a tool that supports Inline Method, we investigated the characteristics
of targets of Inline Method. We also devised methods for supporting Inline Method based on my investigation
results.
キーワード (和) メソッドのインライン化 / リファクタリング支援 / / / / / /  
(英) Inline Method Refactoring / Refactoring Support / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 477, SS2017-68, pp. 23-27, 2018年3月.
資料番号 SS2017-68 
発行日 2018-02-27 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2017-68

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2018-03-06 - 2018-03-07 
開催地(和) 南大東島 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2018-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リファクタリング支援を目的としたメソッドのインライン化事例の特徴調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Investigation into the Characteristics of Source Code for Supporting Inline Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メソッドのインライン化 / Inline Method Refactoring  
キーワード(2)(和/英) リファクタリング支援 / Refactoring Support  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 悠貴 / Yuki Yamada / ヤマダ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 恭平 / Kyohei Uemura / ウエムラ キョウヘイ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 崔 恩瀞 / Eunjong Choi /
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 則裕 / Norihiro Yoshida / ヨシダ ノリヒロ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 元 / Hajimu Iida / イイダ ハジム
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-06 15:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2017-68 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.23-27 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SS-2018-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会