お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-05 14:30
モジュラー型エッジコンピューティング基盤のためのセキュリティモジュールの実装および評価
柳 宏之木村隼人東海大)・近堂 徹渡邉英伸広島大)・大東俊博東海大SITE2017-65 IA2017-76
抄録 (和) エッジコンピューティングでは,必要な機能を必要な箇所に適切かつ迅速に展開できることが求められる.筆者らはCOMPSAC2017 において,データトラフィックに対する処理をモジュール化して広域ネットワーク上に能動的に配置することで,データの特性に応じてエッジノードの機能を組み替えることができるモジュラー型エッジコンピューティング基盤を提案している.この基盤ではコンテナ仮想化によるアプリケーション実行環境を提供し,データ発生源から送信されるデータ特性に応じたモジュールを定義ファイルに従って展開していくシステムとなっている.本稿ではこのエッジコンピューティング基盤上にセキュアかつ柔軟な通信を実現するモジュールを設計し,実装および評価を行った. 
(英) Edge computing platform requires capability of deploy demanded functions appropriately and rapidly. We proposed Edge Computing Platform based on Modular Architecture at COMPSAC 2017; it can be recombinable function on edge nodes depending on data-characteristic by dynamically arranging the modularized-process for data-traffics on wide area network. This platform is the system of deploying modules depending on data-characteristics sent from data generation source enabled by providing environment for executing applications by container virtualization. In this paper, we designed modules that realizes secure and flexible communication for the edge computing platform based on modular architecture, and we had implementation and evaluation for these modules.
キーワード (和) エッジコンピューティング / Docker / IDベース暗号 / プロキシ再暗号化 / / / /  
(英) Edge computing / Docker / Identity-based encryption / Proxy re-encryption / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 472, IA2017-76, pp. 91-96, 2018年3月.
資料番号 IA2017-76 
発行日 2018-02-26 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2017-65 IA2017-76

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2018-03-05 - 2018-03-06 
開催地(和) 鬼怒川温泉ホテル 
開催地(英) Kinugawa Onsen Hotel 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2018-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モジュラー型エッジコンピューティング基盤のためのセキュリティモジュールの実装および評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation and Evaluation on Security Modules for the Edge Computing Platform based on Modular Architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エッジコンピューティング / Edge computing  
キーワード(2)(和/英) Docker / Docker  
キーワード(3)(和/英) IDベース暗号 / Identity-based encryption  
キーワード(4)(和/英) プロキシ再暗号化 / Proxy re-encryption  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳 宏之 / Hiroyuki Yanagi / ヤナギ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 隼人 / Hayato Kimura / キムラ ハヤト
第2著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近堂 徹 / Tohru Kondo / コンドウ トオル
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 英伸 / Hidenobu Watanabe / ワタナベ ヒデノブ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大東 俊博 / Toshihiro Ohigashi / オオヒガシ トシヒロ
第5著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-05 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2017-65,IEICE-IA2017-76 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.471(SITE), no.472(IA) 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2018-02-26,IEICE-IA-2018-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会