お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-05 17:05
[招待講演]データセンタ間通信網における海底光ケーブル利用効率の向上方式
藤澤慎介竹下仁士柳町成行ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエルNECPN2017-100
抄録 (和) クラウドサービスの普及によりグローバルに配置されたデータセンタ (DC) 間の通信トラヒックは継続的に増加傾向にある。グローバルな通信網インフラとして、大陸間を光ファイバで結ぶ海底光ケーブルは重要な役割を担っている。海底光ケーブル通信システムは従来、海底光ケーブルと光伝送装置とをパッケージとして供給するフルターンキーとして供給された。近年、グローバルなDC間通信事業者が牽引役となって、Open Cableや陸上海底統合光通信網といった、海底光ケーブル通信システムのオープン化の議論が進展している。本稿では海底光ケーブル通信システムのオープン化に対する動向を紹介し、オープン化に伴う海底光ケーブルの利用効率を向上する上での課題を述べる。さらに、海底光ケーブルの利用効率向上を目的として提案したリンク混雑度に応じた光パス収容アルゴリズムを説明し、グローバルなDC間通信網モデルであるGoogle B4モデルに対して光パス利用効率向上の有効性を議論する。 
(英) Traffic demands between data centers located across the globe are continuously growing with the widespread use of various cloud services. Optical submarine cables connecting different continents play a crucial part as a global telecommunication infrastructure. Optical submarine cables are conventionally installed as full turn-key systems, where both optical submarine cables and terminal equipment are supplied from the same vendor. Recently, there have been discussions to make optical submarine networks more open, such as the Open Cable and the convergence of terrestrial and submarine optical networks, mainly driven by service providers of data center interconnects. In this paper, we propose a path assignment algorithm to improve the utilization efficiency of open optical submarine cables. And we also quantitatively evaluate the improvement of the utilization efficiency on the Google B4 model interconnecting globally distributed data centers.
キーワード (和) 海底光ケーブル / データセンタ間通信網 / Open Cable / 陸上海底統合光通信網 / 光パス収容アルゴリズム / / /  
(英) Optical Submarine Cables / Data Center Interconnect / Open Cable / Convergence of Terrestrial and Submarine Optical Networks / Route-Spectrum-Assignment Algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 473, PN2017-100, pp. 61-66, 2018年3月.
資料番号 PN2017-100 
発行日 2018-02-26 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード PN2017-100

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2018-03-05 - 2018-03-06 
開催地(和) 南種子町商工会館 
開催地(英) Minami Tanemachi Shoko Kaikan 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2018-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データセンタ間通信網における海底光ケーブル利用効率の向上方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of the Utilization Efficiency of Optical Submarine Cables in Optical Networks Interconnecting Data Centers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海底光ケーブル / Optical Submarine Cables  
キーワード(2)(和/英) データセンタ間通信網 / Data Center Interconnect  
キーワード(3)(和/英) Open Cable / Open Cable  
キーワード(4)(和/英) 陸上海底統合光通信網 / Convergence of Terrestrial and Submarine Optical Networks  
キーワード(5)(和/英) 光パス収容アルゴリズム / Route-Spectrum-Assignment Algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤澤 慎介 / Shinsuke Fujisawa / フジサワ シンスケ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 仁士 / Hitoshi Takeshita / タケシタ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳町 成行 / Shigeyuki Yanagimachi / ヤナギマチ シゲユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル / Emmanuel Le Taillandier de Gabory / ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-05 17:05:00 
発表時間 45 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2017-100 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.473 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2018-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会