お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-03 16:05
インシデント対応におけるリスクアセスメント過程認識のための可視化・伝達を支援するシステムの開発と評価
山崎勇二後藤田 中米谷雄介林 敏浩八重樫理人最所圭三香川大ET2017-103
抄録 (和) 近年情報セキュリティインシデントによる被害拡大が問題になっており,インシデント発生後の被害を最小限に留める適切な対応が重要となっていることから,CSIRTが組み込まれる大学が増加している.しかしインシデント対応を行うCSIRTの現状として,優先順位の決定を行うリスクアセスメント能力にメンバ間で差が生じていること,インシデント対応への振り返りが不十分になりがちなことが挙げられる.そこで本研究では,対応に熟練したリスクアセスメント能力の高いメンバによる,インシデント対応への振り返りの強化を行い,リスクアセスメント過程の記録,蓄積を行う.そして蓄積された情報を活用し,リスクアセスメントに比重を置いた対応訓練を提供し実践的な教育を行うことで,インシデント対応経験の少ないメンバのリスクアセスメント過程の理解を支援する. 
(英) In recent years, the expansion of damage caused by information security incidents has become a problem, and appropriate measures to minimize the damage after incident occurrence are important, so the number of universities incorporating CSIRT is increasing. However, as a current situation of CSIRT that responds to incidents, there are difference among members in the risk assessment ability to decide priority, and the reflection on incident response tends to be inadequate. Therefore, in this research, we will reinforce the reflection of incident response by members with high risk assessment skills, which are skilled in handling, and record and accumulate the risk assessment process. By utilizing accumulated information, providing correspondence training with a weight on risk assessment and practical education, we support understanding of the risk assessment process of members with little experience in handling incidents.
キーワード (和) 情報セキュリティ / インシデント対応 / リスクアセスメント / 訓練システム / / / /  
(英) Information Security / Incident Response / Risk Assessment / Training System / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 469, ET2017-103, pp. 83-88, 2018年3月.
資料番号 ET2017-103 
発行日 2018-02-24 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2017-103

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2018-03-03 - 2018-03-03 
開催地(和) 高知工科大学(永国寺キャンパス) 
開催地(英) Kochi University of Technology (Eikokuji Campus) 
テーマ(和) 電子教科書・e-Learningの標準化と利活用/一般 
テーマ(英) Standardization and Utilization of e-Textbook/e-Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2018-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インシデント対応におけるリスクアセスメント過程認識のための可視化・伝達を支援するシステムの開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of a System for Support Visualization and Transmission for Recognition of Risk Assessment Process for the Incident Response 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報セキュリティ / Information Security  
キーワード(2)(和/英) インシデント対応 / Incident Response  
キーワード(3)(和/英) リスクアセスメント / Risk Assessment  
キーワード(4)(和/英) 訓練システム / Training System  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 勇二 / Yuji Yamasaki / ヤマサキ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤田 中 / Naka Gotoda / ゴトウダ ナカ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米谷 雄介 / Yusuke Kometani / コメタニ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 敏浩 / Toshihiro Hayashi / ハヤシ トシヒロ
第4著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 八重樫 理人 / Rihito Yaegashi / ヤエガシ リヒト
第5著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 最所 圭三 / Keizo Saisho / サイショ ケイゾウ
第6著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-03 16:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2017-103 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2018-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会