電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 15:00
位置を考慮したランデブー機構のIoT通信への適用に関する一考察
栗原佳輝小泉佑揮長谷川 亨阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、IoT (Internet of Things) デバイスが収集する位置に紐づいた位置データを用いた位置ベースサービスの 普及が期待されている。しかしながら、現状の IoT アーキテクチャは、IoT デバイスで取得したデータを全てクラウド上 のサーバに収集する集中型のアーキテクチャであり、時間ならびに地理的な局所性が高い位置データを扱う位置ベース サービスには適していない。これに対して、筆者らは、Named Data Networking (NDN) 網の Publish/Subscribe 通信を活 用することで、クラウドを用いずに位置データを収集するアーキテクチャを検討している。本稿では、Publish/Subscribe 通信に NDN のキャッシュ機能を活用することで、ユーザが最新の位置データを収集する機構を提案する。 
(英) Since data obtained by Internet of Things (IoT) devices is correlated with their locations, location-based services
(LBSs) of exploiting data locality are promising. However, since most current IoT platforms which are based on cloud services are
not suitable to collect location data which has locality in terms of time and location. The authors address this issue by designing
a location data collection mechanism without cloud services and propose to leverage publish/subscribe communication in Named
Data Networking networks. This paper extends the mechanism so that up-to-date location data is collect without communication
overheads.
キーワード (和) IoT / NDN / 位置ルーティング/フォワーディング / Publish/Subscribe通信 / / / /  
(英) IoT / NDN / Location-based Routing/Forwarding / Publish/Subscribe Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-233, pp. 369-374, 2018年3月.
資料番号 NS2017-233 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位置を考慮したランデブー機構のIoT通信への適用に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on location-based rendezvous to IoT communications. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) NDN / NDN  
キーワード(3)(和/英) 位置ルーティング/フォワーディング / Location-based Routing/Forwarding  
キーワード(4)(和/英) Publish/Subscribe通信 / Publish/Subscribe Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 佳輝 / Yoshiki Kurihara / クリハラ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 佑揮 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 亨 / Toru Hasegawa / ハセガワ トオル
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-233 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.369-374 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会