電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 10:00
NDN網におけるセキュアな緊急通信に関する一考察
劉 嘉い北 健太朗小泉佑揮長谷川 亨阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 119番通報などの緊急通信は、災害などで電話網に輻輳が発生すると提供できないことが課題となる。この課題を解決するため、本稿では、 NDN (Named Data Networking) 網において、パケット通信ベースの緊急通信を提供するアーキテクチャを提案する。具体的には、 電話網と異なり、通信の盗聴が可能なディスオネストな環境において、緊急通信の発信者の緊急通信メッセージの内容を漏洩することなく、 また、緊急通信の受信者に対して、発信者とその位置を保証することを可能とする機構を設計する。 
(英) Emergency communication such as 119 calls cannot be provided if congestion occurs in telephone networks due to a disaster or an emergency accident. In order to solve this problem, this paper proposes architecture that provides emergency communication based on packet communication in NDN (Named Data Networking) networks. We design a mechanism in a dis-honest environment where eavesdropping can be performed. The mechanism does not leak senders' message content and guarantees that an emergency message is sent from a location which the sender claims, so that adversaries cannot attack emergency officers such as by disguising the location of the emergency message.
キーワード (和) NDN (Named Data Networking) / 緊急通信サービス / ABE (Attribute-Based Encryption) / / / / /  
(英) NDN(Named Data Networking) / Emergency Telecommunication / ABE (Attribute-Based Encryption) / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-205, pp. 215-220, 2018年3月.
資料番号 NS2017-205 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NDN網におけるセキュアな緊急通信に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Secure Emergency Message Delivery in NDN Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NDN (Named Data Networking) / NDN(Named Data Networking)  
キーワード(2)(和/英) 緊急通信サービス / Emergency Telecommunication  
キーワード(3)(和/英) ABE (Attribute-Based Encryption) / ABE (Attribute-Based Encryption)  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 嘉い / Kai Ryu / リュウ カイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北 健太朗 / Kentaro Kita / キタ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 佑揮 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 亨 / Toru Hasegawa / ハセガワ トオル
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-205 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.215-220 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会