電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 09:20
集団的な行動選択の仕組みに着想を得た不確実な情報に基づくチャネル選択手法の提案と評価
久世尚美小南大智阪大)・加嶋健司京大)・橋本智昭阪工大)・村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークの大規模化、多様化に伴い、自己組織化の仕組みに基づく自律分散制御が着目されている。自己組織型制御においては、個々の構成要素の局所的な相互作用に基づく機能の創発が高い拡張性、適応性、頑健性に寄与する一方で、個々の構成要素の観測情報の不確かさ(曖昧さ、不完全さ、動的さ)が、環境変動への適応速度や制御性能の低下を招く要因となっている。そこで、個々のエージェントが不確かな情報に基づきながらも、エージェント間の協調に基づいて環境に応じた適切な行動選択を行う集団的な行動選択の仕組みに着目して、ネットワーク制御へと応用する。本研究では、無線ネットワークにおけるチャネル選択手法に着目して手段的な行動選択の仕組みを応用し、シミュレーションを通して自己組織化本来の環境適応性を有しつつ、不確実な情報に基づいた環境下で適切なチャネル選択が実現できることを示した。 
(英) Because of rapid growth in the scale and complexity of information networks, self-organizing systems are increasingly used to realize novel network control systems that are highly scalable, adaptable, and robust. However, the uncertainty (incompleteness, vagueness, and dynamicity) of information in self-organizing systems makes it difficult for them to work appropriately in accordance with the network state. In this study, we apply the collective decision-making of animal groups to self-organizing control mechanisms to allow them to adapt to information uncertainty. Specifically, by introducing the concept of flexible leader, agents change their role (leader or follower) according to the confidence of their own information, which increases decision accuracy. We propose a channel-selection mechanism based on collective decision-making in accordance with information confidence. Through simulation
experiments, we show the advantages and properties of our proposal.
キーワード (和) 自己組織化 / 集団的な行動選択 / 情報の不確かさ / チャネル選択 / / / /  
(英) Self-organization / Collective decision-making / information uncertainty / channel selection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-118, pp. 171-176, 2018年3月.
資料番号 IN2017-118 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 集団的な行動選択の仕組みに着想を得た不確実な情報に基づくチャネル選択手法の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel selection mechanism with uncertain information inspired by collective decision making 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己組織化 / Self-organization  
キーワード(2)(和/英) 集団的な行動選択 / Collective decision-making  
キーワード(3)(和/英) 情報の不確かさ / information uncertainty  
キーワード(4)(和/英) チャネル選択 / channel selection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久世 尚美 / Naomi Kuze / クゼ ナオミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小南 大智 / Daichi Kominami / コミナミ ダイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加嶋 健司 / Kenji Kashima / カシマ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 智昭 / Tomoaki Hashimoto / ハシモト トモアキ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-118 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.171-176 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会