電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 13:50
トランスポートプロトコルを考慮したコンテンツセントリックネットワークの流体近似モデル
薮内剛志中村 遼大崎博之関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、流体近似法を用いることにより、複数のエンティティや、複数のルータ、複数のリポジトリによって構成される CCN (Content-Centric Networking) ネットワークをトランスポート層プロトコルまで含めてモデル化する。 CCN は IP と比較して複雑なネットワークであること、また、ルータにおけるキャッシングやパケット集約とトランスポート層プロトコルの相互作用を考慮する必要があることから、 CCN では IP よりも複雑なモデル化手法が必要とされる。これまで、 CCN 上のトランスポート層プロトコルの数学的解析がいくつか行われているが、これらの研究の大部分は定常状態における CCN の通信特性に着目したものであり、大規模な CCN ネットワークにおけるトランスポート層プロトコルのダイナミクスを表現できない。そこで本稿では、エンティティ、ルータ、リポジトリ間の入出力 (Interest パケットおよび Data パケットの送受信フロー ) に着目したモデル化を行うことより、大規模な CCN ネットワークの流体近似モデルを構築する。 
(英) In this paper, by utilizing fluid approximation, we develop a fluid model for a CCN (Content-Centric Networking) network comprised of multiple entities, multiple routers, and multiple repositories, at the transport level. Since CCN is a more complicated network architecture than IP and the complex interaction among content caching, Interest packet aggregation, and the behavior of a transport protocol must be considered, CCN requires more complicated modeling approach than IP. In the literature, several mathematical analyses of transport protocol for CCN have been performed. However, these mathematical analyses cannot be utilized to analyze the dynamics of transport protocols in CCN because these studies focus on steady state characteristics. In this paper, we develop
a fluid model of a large-scale CCN network, by constructing network component models (i.e., entity, router, and repository) with uniform inputs and outputs (i.e., receiving and sending rate of Interest packets and Data packets).
キーワード (和) CCN (Content-Centric Networking) / 流体近似モデル / トランスポートプロトコル / 大規模ネットワー ク / Interest パケット集約 / / /  
(英) CCN (Content-Centric Networking) / Fluid Model / Transport Protocol / Large-scale Network / Interest Packet Aggregation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-131, pp. 249-254, 2018年3月.
資料番号 IN2017-131 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) トランスポートプロトコルを考慮したコンテンツセントリックネットワークの流体近似モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fluid-Based Modeling of Transport Protocol in Large-Scale Content-Centric Networking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CCN (Content-Centric Networking) / CCN (Content-Centric Networking)  
キーワード(2)(和/英) 流体近似モデル / Fluid Model  
キーワード(3)(和/英) トランスポートプロトコル / Transport Protocol  
キーワード(4)(和/英) 大規模ネットワー ク / Large-scale Network  
キーワード(5)(和/英) Interest パケット集約 / Interest Packet Aggregation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 薮内 剛志 / Tsuyoshi Yabuuchi / ヤブウチ ツヨシ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 遼 / Ryo Nakamura / ナカムラ リョウ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大崎 博之 / Hiroyuki Ohsaki / オオサキ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-131 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会