電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 10:00
無線マルチチャネルメッシュネットワークのためのフローを考慮した彩色問題解法に基づくチャネル割当方式の提案
矢野 渚神戸大)・前野 誉スペースタイムエンジニアリング)・高木由美鎌田十三郎太田 能神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,IEEE802.11 規格の無線 LAN を用いた無線メッシュネットワークへの関心が高まっている.LDM (Local Dynamic Map) を運用するためのプラットフォームとなる Wi-Fi エッジサーバ同士を接続するネットワークや,スマート工場の自営ネットワークなど,ネットワークインフラとして無線メッシュネットワークを活用したサービスは今後大きく成長していくと考えられる.本稿では,最適なネットワーク環境構築のため,CSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance) をメディアアクセス制御に用いる無線マルチチャネルメッシュネットワークのためのチャネル割当方式を提案する.提案方式では,既存のチャネル割当方式の考え方を基に,隠れ端末グラフ(HTG)・さらし端末グラフ(HTG)・キャリアセンスグラフ(CSG)の3つのグラフを用いてフローの向きを考慮したチャネル割当を行う.シミュレーション結果より,既存方式と比較して最低スループット・最大スループット・総スループットが向上していることを確認した. 
(英) In recent years, wireless mesh networks composed of IEEE802.11 standards wireless LANs has been attracting interest. Services using wireless mesh networks as network infrastructures, such as Wi-Fi edge servers for a platform to operate LDM (Local Dynamic Map) and self-employed networks for smart factories, will grow significantly in the future. In this paper, in order to construct an optimal network environment, we propose a channel assignment scheme for wireless multi-channel mesh networks which adopt CSMA/CA as a media access control. Our proposed scheme is based on existing scheme and uses Hidden Terminal Graph (HTG), Exposed Terminal Graph (ETG), and Carrier Sense Graph (CSG), which aims to consider flow directions. Simulation results show that minimum throughput, maximum throughput, and total throughput achieved higher value compared to existing scheme.
キーワード (和) 無線メッシュネットワーク / マルチチャネル / チャネル割当 / 隠れ端末問題 / さらし端末問題 / / /  
(英) wireless mesh network / multi-channel / channel assignment / hidden terminal problem / exposed terminal problem / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-194, pp. 153-158, 2018年3月.
資料番号 NS2017-194 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線マルチチャネルメッシュネットワークのためのフローを考慮した彩色問題解法に基づくチャネル割当方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of channel assignment scheme based on coloring problem for wireless multi-channel mesh networks considering traffic flow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線メッシュネットワーク / wireless mesh network  
キーワード(2)(和/英) マルチチャネル / multi-channel  
キーワード(3)(和/英) チャネル割当 / channel assignment  
キーワード(4)(和/英) 隠れ端末問題 / hidden terminal problem  
キーワード(5)(和/英) さらし端末問題 / exposed terminal problem  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 渚 / Nagisa Yano / ヤノ ナギサ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前野 誉 / Taka Maeno / マエノ タカ
第2著者 所属(和/英) 株式会社スペースタイムエンジニアリング (略称: スペースタイムエンジニアリング)
Space-Time Engineering (略称: STE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 由美 / Yumi Takaki / タカキ ユミ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 十三郎 / Tomio Kamada / カマダ トミオ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 能 / Chikara Ohta / オオタ チカラ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-194 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会