電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 16:05
フレーム理論を用いた非直交多元接続方式
西川峻也飯盛寛貴アブレウ ジュゼッペ立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) この論文では冗長性を持つ基底の一般的数学的概念、フレーム理論に基づいた非直交多元接続方式(NOMA)を提案する。抽象代数学における中心的な概念、群論に基づいて作成されたフレームの特性により、多ユーザの干渉を等しいユーザ数で構成される有限の電力域に割り振ることによって、干渉アライメントを可能にする。シミュレーション結果によって、本提案が全ユーザが全スペクトラムを利用可能とした、ラテン行列のスパース性を用いたスパース符号多元接続(SCMA)と同等のものであることを示す。 
(英) We propose a non-orthogonal multiple access (NOMA) scheme based on frame theory. In the proposed design, the interference of multiple users mapping to a finite number of power levels, each consisting on the overlap of the same number of users. The result is an interference scenario similar to that imposed by sparsity of Latin matrices employed in the sparse coded multiple access (SCMA) method, with the advantage that in the proposed scheme all users are able to simultaneously take advantage of the entire spectrum.
キーワード (和) NOMA / フレーム理論 / 群論 / ETFs / / / /  
(英) Unit norm tight frame / Low-coherence / NOMA / Group theory / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-402, pp. 465-468, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-402 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フレーム理論を用いた非直交多元接続方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-orthogonal Multiple Access design via Frame Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NOMA / Unit norm tight frame  
キーワード(2)(和/英) フレーム理論 / Low-coherence  
キーワード(3)(和/英) 群論 / NOMA  
キーワード(4)(和/英) ETFs / Group theory  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 峻也 / Shunya Nishikawa / ニシカワ シュンヤ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Rits Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯盛 寛貴 / Hiroki iimori / イイモリ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Rits Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) アブレウ ジュゼッペ / Giuseppe Abreu / アブレウ ジュゼッペ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Rits Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 16:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-402 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.465-468 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会