電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 14:40
マーケットモデルにもとづくAPIエコノミーの社会的厚生の分析
荒川伸一阪大)・今井悟史片桐 徹関屋元義富士通研)・村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 情報サービスをAPI化し、APIを相互接続によりサービス価値を創造するAPI Economyが注目されている。本稿では、APIの供給と消費の関係をマーケットとしてモデル化し、API提供者が成す利益競争下での社会的利益を明らかにする。2つのAPI利用シナリオに対して、ベルトラン競争、クルーノー競争、および、それらを組み合わせた競争戦略下での価格/供給量の均衡点を求め、数値例により社会的利益を拡大する競争戦略とパラメーター領域を明らかにした。また、API同士の補完性を表すパラメーター値が社会的利益の拡大に重要となることもわかった。 
(英) API Economy is expected to increase collabration between information services, and thereby, is expected to increase market value from service innovations. In this paper, we introduce a market model for API economy, and clarify social welfare under several competitive model between API providers. Numerial examples show that Bertrand competition outpeforms other competition over a wide range of parameter, although Cournot competi-tion performs best under a specific parameter. We also show that the parameter representing complementarity between APIs is important for increasing the social welfare.
キーワード (和) API エコノミー / デジタルエコシステム / ベルトラン/クールノー競争 / 社会的厚生 / / / /  
(英) API Economy / Digital Ecosystem / Bertrand Competition / Cournot Competition / Social Welfare / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-137, pp. 285-290, 2018年3月.
資料番号 IN2017-137 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マーケットモデルにもとづくAPIエコノミーの社会的厚生の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Social welfare of API economy under the Bertrand/Cournot Competition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) API エコノミー / API Economy  
キーワード(2)(和/英) デジタルエコシステム / Digital Ecosystem  
キーワード(3)(和/英) ベルトラン/クールノー競争 / Bertrand Competition  
キーワード(4)(和/英) 社会的厚生 / Cournot Competition  
キーワード(5)(和/英) / Social Welfare  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 伸一 / Shin'ichi Arakawa / アラカワ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 悟史 / Satoshi Imai / イマイ サトシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Flab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片桐 徹 / Toru Katagiri / カタギリ トオル
第3著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Flab)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 関屋 元義 / Motoyoshi Sekiya / セキヤ モトヨシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Flab)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 14:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-137 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.285-290 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会