電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 10:30
ファイルサイズ同一環境下におけるHBH最適ファイル配送方式の2リンクモデルへの拡張
赤岡 武山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) CDNや,P2P,ICN/CCN等,キャッシュ技術を用いて,ファイルをネットワーク上に複製配置し負荷分散を行う,ファイル配送システムを対象として,ユーザのファイルリクエストの送信から,受信完了までの時間である,サービス時間の低減を行うHBH最適ファイル配送方式が,1リンクモデルにおいて提案されている.
そこで本稿では,ファイルサイズ同一環境下において,HBH最適ファイル配送方式の2リンクモデルへの拡張を検討する.
最初に,中間ノードでのファイル配送順序変更を許可していない場合の,スケジューリングを検討する.そして,配送順序変更を許可することにより,サービス時間低減の可能性はあるが,
定式化およびその最適解の導出が困難であることを示し,本稿では,2種のコンテンツを対象として特性解析を行う. 
(英) The cache technology such as CDN, P2P, ICN/CCN, is used in the file delivery system for file duplication and load balancing. However, we should consider the service latency when users send a request and completely receive the file. There is a study of optimal service latency in an one-link model of HBH file delivery system. In this paper, we extend the study of the file delivery system to a two-link model with considering the fixed size of files. At first, we consider the system does not permit an intermediate node to change the file delivery order. Even though the intermediate node can do that and possibly improve the system performance, our study discusses how difficult to formulate and derive the optimal solution of service latency. We also analyze the system with two types of contents and we show how low possibility we can reduce the service latency in the system.
キーワード (和) P2P / CDN / HBH最適ファイル配送方式 / スケジューリング / ICN/CCN / コンテンツ配信 / /  
(英) P2P / CDN / HBH file delivery system / scheduling / ICN/CCN / content distribution / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-121, pp. 189-194, 2018年3月.
資料番号 IN2017-121 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ファイルサイズ同一環境下におけるHBH最適ファイル配送方式の2リンクモデルへの拡張 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extension of Hop-by-Hop File Delivery System with Fixed-Size Files on Two Link Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(2)(和/英) CDN / CDN  
キーワード(3)(和/英) HBH最適ファイル配送方式 / HBH file delivery system  
キーワード(4)(和/英) スケジューリング / scheduling  
キーワード(5)(和/英) ICN/CCN / ICN/CCN  
キーワード(6)(和/英) コンテンツ配信 / content distribution  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤岡 武 / Takeshi Akaoka / アカオカ タケシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-121 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.189-194 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会