電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 09:40
交差点での衝突回避のためのセルラシステムを用いた自律走行車の位置情報遅延補償に関する研究
井手崇博三瓶政一阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,他車の位置情報を無線通信で受信する自律走行車を対象とし,自車内でのセンシング情報に加えてセルラシステムを介した周辺走行車などの情報を統合することで,自律走行車の交差点におけるアクシデント発生確率の抑制性能を検討する.衝突の発生確率を抑制するため,位置情報にデータ取得時刻を付随させるとともに,受信データの遅延の影響を外挿処理によって対応することでメッセージ伝送遅延の影響を抑制した上で,車内で,走行路周辺物体の動態情報に組み込む方式を提案する. 
(英) This paper proposes an autonomous car driving using a cellular network. In the proposed scheme, location information for each car with its detected timing is transmitted to a car location information server via a cellular network and the received data are utilized in the car to estimate car accident occurrence more accurately by extrapolating the received location information sequence. The data in a server are then broadcasted to each car thereby each car can correctly understand location information for cars located nearby. Computer simulation confirms that the proposed technique is effective in suppressing probability of accident occurrence. The results also show that shorter cycle of car location-data transmission is very effective in suppression of accident occurrence even if transmission delay from the car location-information server is long.
キーワード (和) 自律走行車 / 4G / 交差点 / 衝突回避 / / / /  
(英) Autonomous Car / 4G / Intersection / Collision Avoidance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-381, pp. 339-344, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-381 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 交差点での衝突回避のためのセルラシステムを用いた自律走行車の位置情報遅延補償に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Delay Compensation of Location Information for Autonomous Cars Collision Avoidance in Intersection using Cellular Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自律走行車 / Autonomous Car  
キーワード(2)(和/英) 4G / 4G  
キーワード(3)(和/英) 交差点 / Intersection  
キーワード(4)(和/英) 衝突回避 / Collision Avoidance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 崇博 / Takahiro Ide / イデ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-381 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.339-344 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会