電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 09:40
In-Network誘導を用いたCCNにおけるコンテンツ人気度の地域性が及ぼす影響の一検討
速水祐作山本 幹関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コンテンツ配信の効率化を目的とするCON (Content Oriented Network) では,ネットワーク内のルータのキャッシュを如何に有効活用するかが技術課題であり,これを解決するための様々なネットワーク制御が提案されている.一方,コンテンツの人気度には時空間的な局所性が存在する事が報告されており,これらはコンテンツ人気度に時空間的な不均質性を持たない状況を想定して開発された既存のネットワーク制御に影響を与えかねない.本稿では,コンテンツの人気度に空間的局所性,つまり,地域性が存在する環境を想定し,地域性を考慮せず制御されたキャッシュネットワークにどのような影響を与えるのかを考察する.そして,ネットワーク誘導方式であるBreadcrumbsが地域性の影響をユーザに対して隠蔽し,キャッシュ利用を促進する効果があることをシミュレーションにより示す. 
(英) CON (Content Oriented Network) has been proposed for efficient content distribution. In CON, routers are equipped with cache storages to store incoming contents. Leverage of these cache resources is one of the most important important technical issues in CON. From measurement in the Internet, content popularity is reported to have spatial and temporal locality.
In this paper, we make a brief study of the influence of spatial locality of content popularity on network control methods including cache control methods that do not take account of spatial locality. Simulation results reveal that Breadcrumbs, an off-path routing method with in-network guidance, conceals the influence of spacial locality on users and promotes efficient utilization of in-network cache resources.
キーワード (和) コンテンツ指向ネットワーク / ネットワーク内誘導 / コンテンツ人気度 / 地域性 / / / /  
(英) Content-Centric Networking / In-Network Guidance / Content Popularity / Spatial Locality / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-204, pp. 209-214, 2018年3月.
資料番号 NS2017-204 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) In-Network誘導を用いたCCNにおけるコンテンツ人気度の地域性が及ぼす影響の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Influence of Spatial Locality of Content Popularity in CCN with In-Network Guidance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツ指向ネットワーク / Content-Centric Networking  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク内誘導 / In-Network Guidance  
キーワード(3)(和/英) コンテンツ人気度 / Content Popularity  
キーワード(4)(和/英) 地域性 / Spatial Locality  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 速水 祐作 / Yusaku Hayamizu / ハヤミズ ユウサク
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 幹 / Miki Yamamoto / ヤマモト ミキ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-204 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.209-214 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会