電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 11:00
銅張誘電体基板に挟まれた誘電体円柱共振器を用いた界面比導電率の周波数依存性測定に関する検討
平野勇作清水隆志古神義則宇都宮大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) これまで銅張誘電体基板に挟まれた誘電体円柱共振器を用いた界面比導電率評価法の検討を行い、14GHz帯における有効性を確認してきた。本報告では、(ZrSn)TiO4、Ba(MgTa)O3、サファイアの各誘電体円柱を用いて、3~30GHz帯に測定周波数範囲を拡大し、界面比導電率の周波数依存性評価を行った。その結果、誘電体円柱の誘電正接の周波数依存性が界面比導電率の測定結果に影響を与えることを示した。さらに、その考慮を行うことで、基板厚さ0.3mm程度の場合、20GHz帯まで高精度に測定可能であることを明らかにした。 
(英) We studied on evaluation techniques of the interface relative conductivity using a dielectric rod resonator sandwiched between copper-clad dielectric substrates. In this paper, we evaluated the frequency dependence of the interface relative conductivity of the copper-clad dielectric substrates in the frequency range of 3-30GHz using dielectric rods of (ZrSn)TiO4, Ba(MgTa)O3 and sapphire. As a result, we revealed that consideration of frequency dependence of loss tangent is important to calculate the measured value of the interface relative conductivity, and measurement accuracy is improved by using the corrected value of loss tangent in the measurement frequency of the interface relative conductivity.
キーワード (和) 銅張誘電体基板 / 誘電体円柱共振器 / 界面比導電率 / マイクロ波 / / / /  
(英) Copper-clad dielectric substrate / Dielectric rod resonator / Interface relative conductivity / Microwave / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 462, MW2017-191, pp. 83-86, 2018年3月.
資料番号 MW2017-191 
発行日 2018-02-22 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICD MW  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) 滋賀県立大 
開催地(英) The University of Shiga Prefecture 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit/Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2018-03-ICD-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 銅張誘電体基板に挟まれた誘電体円柱共振器を用いた界面比導電率の周波数依存性測定に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on frequency dependence measurements of the interface relative conductivity using a dielectric rod resonator sandwiched between copper-clad dielectric substrates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 銅張誘電体基板 / Copper-clad dielectric substrate  
キーワード(2)(和/英) 誘電体円柱共振器 / Dielectric rod resonator  
キーワード(3)(和/英) 界面比導電率 / Interface relative conductivity  
キーワード(4)(和/英) マイクロ波 / Microwave  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 勇作 / Yusaku Hirano / ヒラノ ユウサク
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 隆志 / Takashi Shimizu / シミズ タカシ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古神 義則 / Yoshinori Kogami / コガミ ヨシノリ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-191,IEICE-ICD2017-115 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.462(MW), no.463(ICD) 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2018-02-22,IEICE-ICD-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会