電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 11:10
ODトラヒック行列推定における逆関数法の一般化
土井裕貴早大)・鶴 正人九工大)・内田真人早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 直接計測することが困難なネットワーク上の大域的な対地間トラヒックフローの流量(対地間フロー流量)を,それらが通過するルータにおいて容易に計測することのできる集約されたトラヒックフローの流量(集約フロー流量)から推定する問題はODトラヒック行列推定と呼ばれる.ODトラヒック行列推定の解法として,対地間フロー流量がゼロとなる確率が正であるという仮定の下で,集約フロー流量の計測データから対地間フロー流量の従う確率分布を一意に同定することを可能とする逆関数法と呼ばれる手法が知られている.しかし,この仮定は現実のネットワーク環境においては必ずしも成立しない.そこで本研究では,従来の逆関数法における上記のような仮定が成立しない場合にも適用可能となる一般化された手法を提案し,その有効性を数値実験により検証する. 
(英) The origin-destination traffic matrix (ODTM) estimation is a technique for estimating the amount of global inter-network flows, which cannot be measured directly, from the amount of aggregate flows measured at the routers on which inter-network flows pass.The inverse function method is known as a method for solving the ODTM estimation.The inverse function method enables us to specify the probability distribution of the amount of inter-network flows from the measurement data of the amount of aggregate flows assuming that the probability that the amount of inter-network flows becomes 0 is positive.However, this assumption does not necessary hold in real network environment. In this paper, we propose a generalized inverse function method for ODTM estimation that can be applied even if the above assumption does not hold and evaluate its performance characteristics based on some numerical experiments.
キーワード (和) ネットワークトモグラフィ / ODトラヒック行列推定 / 逆関数法 / / / / /  
(英) Network Tomography / OD Traffic Matrix Estimation / Inverse Function Method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-216, pp. 275-280, 2018年3月.
資料番号 NS2017-216 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ODトラヒック行列推定における逆関数法の一般化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generalized Inverse Function Method for OD Traffic Matrix Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークトモグラフィ / Network Tomography  
キーワード(2)(和/英) ODトラヒック行列推定 / OD Traffic Matrix Estimation  
キーワード(3)(和/英) 逆関数法 / Inverse Function Method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 土井 裕貴 / Yuki Doi /
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru /
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 真人 / Masato Uchida /
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-216 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.275-280 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会