電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 11:10
生物の集団的行動選択に着想を得た不確実な情報に基づく制御手法についての一検討
志垣沙衣子久世尚美小南大智阪大)・加嶋健司京大)・村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークの大規模化、複雑化に伴い、拡張性や耐故障性、柔軟性、適応性などの特長を備えた自己組織的な制御が有用なアプローチとして期待されている。しかし、制御の局所性が利点である一方、各構成要素の情報が不確実(不完全、曖昧、動的)なものとなり、システム全体としての最適性が保証されないという問題がある。
本研究では、能力の低い個体同士が不確実な情報に基づきながらも自律的に協調して行動することで全体として適切な行動を選択できる生物の群れの仕組みに着目し、ネットワーク制御へ応用する。本稿では、自己組織的な経路制御手法であるポテンシャルルーティングを対象として、集団的な行動選択の仕組みを応用することでネットワーク全体として判断を行うネットワーク制御手法を提案し、シミュレーションによって提案手法の有用性を確認した。 
(英) To tackle problems emerging with the rapid growth in scale and complexity of information networks,
bio-inspired self-organization is considered one of promising design principle of a new generation
network which is scalable, robust, adaptive, and sustainable. However, since observable information of each component is uncertain (incomplete, argue, and dynamic), the global optimality is not guaranteed. Therefore, we focus on mechanisms of collective decision making in swarms where individuals make a correct decision on a macroscopic level as a result of local interaction of individuals. In this paper, we take potential-based routing as an example of self-organizing control mechanisms and consider a mechanism inspired by collective decision making. Through simulation experiments, we show the property of our proposed mechanism.
キーワード (和) 集団的行動選択 / ポテンシャルルーティング / 情報の不確実性 / 生物の仕組みに着想を得たネットワーク制御 / / / /  
(英) Collective Decision Making / Potential-based Routing / Information Uncertainty / Bio-inspired Network Controlling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-127, pp. 225-230, 2018年3月.
資料番号 IN2017-127 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 生物の集団的行動選択に着想を得た不確実な情報に基づく制御手法についての一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Self-Organized Network Control Using Uncertain Information Inspired by Collective Decision Making 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集団的行動選択 / Collective Decision Making  
キーワード(2)(和/英) ポテンシャルルーティング / Potential-based Routing  
キーワード(3)(和/英) 情報の不確実性 / Information Uncertainty  
キーワード(4)(和/英) 生物の仕組みに着想を得たネットワーク制御 / Bio-inspired Network Controlling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 志垣 沙衣子 / Saeko Shigaki / シガキ サエコ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久世 尚美 / Naomi Kuze / クゼ ナオミ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小南 大智 / Daichi Kominami / コミナミ ダイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 加嶋 健司 / Kenji Kashima / カシマ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-127 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.225-230 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会