電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 11:45
[依頼講演]非直交無線伝搬路で送受信を行う“無線フルデュープレクス”の信号処理に関する考察 ~ 実用化のためのアナログ・ディジタル系の課題と条件について ~
太郎丸 真福岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本講演では,いわゆる無線フルデュープレクス(無線全二重通信)技術について議論する.まず同技術と信号処理の概要について述べ,無線機の実用的かつ現実的な構成の観点から,その実現性について議論する.特にアナログ信号処理の重要性について指摘し,アンテナも含めた受信機フロントエンドからA/D変換器に至るアナログ系の課題について考察する.以上より,無線フルデュープレクスが実現可能なシステムについて考察し,低送信出力電力で近距離無線システムへの適用は十分可能性があることや,基地局側にのみ同一周波数で同時送受信可能な無線機を備えた無線通信システムも考えられることを,結論として述べている.なお,本稿はURSI-C委員会 第23期 第7回公開研究会(2016年9月30日)での講演資料を元に編集し直したものである. 
(英) This lecture presents a review and discussions on so-called ``full duplex radios''
which can transmit and receive simultaneously on the same frequency. The conditions and the technically challenging issues of analogue and digital processing systems in the transceivers are presented and discussed to implement the transceiver systems practically. This lecture says that the full duplex radios could be implemented practically for low power or short range radio devices.
キーワード (和) 無線全二重通信 / A/D変換 / ダイナミックレンジ / 無線通信システム / アンテナ / / /  
(英) full duplex radio / A/D conversion / dynamic range / radio communication system / antenna / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-378, pp. 323-326, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-378 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非直交無線伝搬路で送受信を行う“無線フルデュープレクス”の信号処理に関する考察 
サブタイトル(和) 実用化のためのアナログ・ディジタル系の課題と条件について 
タイトル(英) A Study on Signal Processing of "Full Duplex Radios" Capable of Simultaneous Trasmission and Reception on Non-Orthogonal Radio Channels 
サブタイトル(英) Conditions and Challenges of Analogue and Digital Processing System for Practical Implementation 
キーワード(1)(和/英) 無線全二重通信 / full duplex radio  
キーワード(2)(和/英) A/D変換 / A/D conversion  
キーワード(3)(和/英) ダイナミックレンジ / dynamic range  
キーワード(4)(和/英) 無線通信システム / radio communication system  
キーワード(5)(和/英) アンテナ / antenna  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太郎丸 真 / Makoto Taromaru / タロウマル マコト
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-378 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.323-326 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会