電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 15:20
Mobile Ad-hoc Networkでの映像ストリーミングのためのQoE指標としての経路稼働率
八島 保高見一正創価大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,映像通信への需要の急増からMANET (Mobile Ad-hoc Network)による映像通信に関する研究の必要性が増している.MANETとは移動体端末間のアドホック通信を利用した通信インフラに依存しないネットワーク技術であり,経路の不均一性による通信品質の劣化が課題になっている.しかし,経路の不均一性を評価できる指標が提案されていない.本稿では経路の不均一性を評価する指標として経路稼働率RA (Route Availability)を提案した.さらに映像ストリーミングを配信できるMANETのエミュレーション環境を構築して,提案指標RAとQoS指標(スループット・パケットロス率)との関係性,さらに主観品質評価手法を用いてQoE指標との関連性を評価し、その有用性について検証を行なった. 
(英) Due to the rapid increase in demand for video communication, the need for research on video communication using MANET (Mobile Ad-hoc Network) is increasing. Degradation of communication quality due to non-uniformity of path is a challenging task in MANET. However, the metric that can assess non-uniformity of path is not proposed. This study proposed RA (Route availability) that can assess non-uniformity of path and assessed the usefulness of the metrics for QoS(Quality of Service) and QoE (Quality of Experience). We have built an emulation environment assumed the MANET and have estimated the relationship between RA and QoS metrics (throughput, packet loss rate). Moreover, this study have also estimated the relationship between RA and QoE, using subjective quality assessment. Finally, we examined the usefulness of RA as QoS and QoE metrics.
キーワード (和) MANET / 経路稼働率 / QoE / QoS / エミュレーション / 映像ストリーミング / /  
(英) Mobile Ad-hoc Network / Route Availability / QoE / QoS / Emulation / Video Streaming / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-143, pp. 321-326, 2018年3月.
資料番号 IN2017-143 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Mobile Ad-hoc Networkでの映像ストリーミングのためのQoE指標としての経路稼働率 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Usefulness of Route Availability as Quality of Experience Metric for video streaming in Mobile Ad-hoc Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MANET / Mobile Ad-hoc Network  
キーワード(2)(和/英) 経路稼働率 / Route Availability  
キーワード(3)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(4)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(5)(和/英) エミュレーション / Emulation  
キーワード(6)(和/英) 映像ストリーミング / Video Streaming  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八島 保 / Tamotsu Yashima / ヤシマ タモツ
第1著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高見 一正 / Kazumasa Takami / タカミ カズマサ
第2著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-143 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.321-326 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会