電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 11:15
自立型脂質二分子膜の等価回路解析
冨岡康貴高島匠吾守屋雅隆電通大)・広瀬文彦山形大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 生物の機能上の最小単位は細胞であり, その細胞膜を構成する脂質二分子膜は, 比較的簡便な方法で作製することが可能である。作製した脂質二分子膜は, イオンチャネルを埋め込むことでバイオセンサーとしての応用が期待されている。微弱な電気信号を感知するためには, 脂質二分子膜が十分に高抵抗でなければならない。そこで本研究では, 単分子膜貼り合わせ法により脂質二分子膜を人工的に作製し, 高抵抗の測定に耐えるケミカルポテンシオメータを用いて電気的特性の評価を行った。また, 本研究では電気二重層の影響を膜の両面に考慮した新しい等価回路を導入し, それを理論式として実験結果にフィッティングすることでパラメータを抽出した。その結果, 電気二重層の影響を1つだけ考慮した回路ではフィッティング不可能であったが, 新しい等価回路ではフィッティングすることができた。また, 得られた脂質二分子膜の抵抗はTΩオーダーとなり, 多くの先行研究(GΩオーダー)に比べ, 大きな値が得られた。 
(英) The basic functional unit of living thing is a cell, and Bilayer Lipid Membranes (BLMs) constructed by this cell membrane can be expanded artificially. Artificially constructed BLMs are expected to be applied for biosensors. To sense small current signals, ion-channel-embedded BLMs must have high resistivity compared to channels. In this work, we created plain BLMs using artificial way which is called as “a folding method”, and evaluated their electrical characteristics. In addition, we introduced a new equivalent circuit model including electric double layers for both sides of a BLM. As a result, the proposed equivalent circuit produced fitting curves better than conventional models. Besides obtained BLMs resistances were on the TΩ-order, and much higher than many previous studies.
キーワード (和) 脂質二分子膜 / 単分子膜貼り合わせ法 / 等価回路解析 / EIS / 周波数特性 / フィッティング / /  
(英) BLMs / folding method / equivalent circuit analysis / EIS / frequency characteristics / fitting / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 461, CPM2017-133, pp. 67-70, 2018年3月.
資料番号 CPM2017-133 
発行日 2018-02-22 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) 東京工科大学 
開催地(英) Tokyo Univ. of Technol. 
テーマ(和) 電子部品材料若手ミーティング 
テーマ(英) CPM young researcher's meeting 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2018-03-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自立型脂質二分子膜の等価回路解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Equivalent circuit analysis of free-standing bilayer lipid membrane 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脂質二分子膜 / BLMs  
キーワード(2)(和/英) 単分子膜貼り合わせ法 / folding method  
キーワード(3)(和/英) 等価回路解析 / equivalent circuit analysis  
キーワード(4)(和/英) EIS / EIS  
キーワード(5)(和/英) 周波数特性 / frequency characteristics  
キーワード(6)(和/英) フィッティング / fitting  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨岡 康貴 / Yasutaka Tomioka / トミオカ ヤスタカ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高島 匠吾 / Shogo Takashima / タカシマ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 守屋 雅隆 / Masataka Moriya / モリヤ マサタカ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 広瀬 文彦 / Fumihiko Hirose / ヒロセ フミヒコ
第4著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 愛弓 / Ayumi Hirano-Iwata / ヒラノ アユミ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 水柿 義直 / Yoshinao Mizugaki / ミズガキ ヨシナオ
第6著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 11:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-CPM2017-133 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.67-70 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CPM-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会