電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 11:30
観測データのリサンプリングによる解候補の生成と選別に基づいたODトラヒック行列推定の精度向上
加瀬史門宮田高道千葉工大)・鶴 正人九工大)・内田真人早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広域ネットワークの管理・運用においては,複数のネットワーク間を交流するトラヒックフローの流量(ネットワークフロー流量)を高い精度で把握することが重要である.ネットワークフロー流量はルータを通過する個々のパケットの発着IP アドレスを直接計測することによって把握することが原理的には可能であるが,通常このよ
うな方法の計測コストは高く現実的ではない.そのため,ルータでの計測が容易である複数のネットワークフローを集約した流量から,個別のネットワークフロー流量の統計的特性を推定するための技術が注目されている.本研究では,集約ネットワークフロー流量の計測データをリサンプリングし,複数のリサンプルデータを用いた推定結果のばらつき傾向やそれらの推定結果から再構成された集約フロー流量分布と元々の計測データを用いて導出された経験集約フロー流量分布の乖離度合を評価することで,推定結果の妥当性を評価した.そして,その評価結果に基づき,推定精度が高いと期待される推定結果を選択する方法を提案した. 
(英) It is important to understand the precise characteristics of individual flow, which is defined as series of packets between networks (or sets of networks), for the management and operation of the Internet. However, since the Internet is diverse and large scale system with distributed authority, it is not practical and sometime impossible to directly measure the precise characteristics of individual flow. In this paper, we propose a method to estimate statistical characteristics of individual flow based on aggregated-flow measurements. In the proposed method, we propose a method to improve estimation accuracy by using resampled measurement data. The proposed method select a solution from a set of solution candidates which are obtained from resampled measurement data.
キーワード (和) トラヒック行列推定 / リサンプリング / / / / / /  
(英) Traffic Matrix Estimation / Resampling / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-217, pp. 281-286, 2018年3月.
資料番号 NS2017-217 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 観測データのリサンプリングによる解候補の生成と選別に基づいたODトラヒック行列推定の精度向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generation and Selection of Solution Candidates for Accurate OD Traffic Matrix Estimation Based on Resampling of Observed Flow Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラヒック行列推定 / Traffic Matrix Estimation  
キーワード(2)(和/英) リサンプリング / Resampling  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加瀬 史門 / Shimon Kase / カセ シモン
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 高道 / Takamichi Miyata / ミヤタ タカミチ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 真人 / Masato Uchida / ウチダ マサト
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-217 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.281-286 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会