電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 09:40
ZigBee/WiFi共存環境のためのチャネル割り当てと経路制御
谷川陽祐阪府大)・錦織 秀阪大)・木下和彦徳島大)・戸出英樹阪府大)・渡辺 尚阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IoT (Internet of Things) サービスの実用化により,同一周波数帯を使用するZigBeeとWiFiの共存環境が増加している.これら両ネットワークの間で電波干渉が起こるとZigBee側のパケットのシンク到達率が低下するため,周波数領域,時間領域,空間領域において干渉を回避する方式が数多く提案されている.しかし,既存方式は上記3領域の1つのみに注目したものが多く,干渉回避能力に限界がある.そのため,ZigBeeネットワーク規模の拡大やWiFiにおけるチャネル利用状況の多様化に伴い,特にZigBeeネットワークにおいてパケットロス率などの通信品質が悪化する.本稿では,周波数領域に注目した各ZigBeeデバイスへのチャネル割り当て制御と空間領域に注目したZigBeeパケットの転送経路制御を連携させることで,さらなる干渉回避によるZigBeeパケットのシンク到達率向上を目指す.最後に,計算機シミュレーションにより提案方式の有効性を示す. 
(英) The coexistence between ZigBee and WiFi which use the same frequency band is getting popular with the widespread use of IoT (Internet of Things) service. ZigBee suffers significant decrease in the sink arrival rate of packets by WiFi interference. To overcome this problem, many interference avoidance mechanisms have been proposed. These existing methods, however, focus on interference avoidance only in one domain of frequency, time, or space. In this paper, we study further interference avoidance by cooperation of frequency and space domains. Finally, simulation experiments show the excellent performance of the proposed methods.
キーワード (和) ZigBee / WiFi / チャネル割り当て / 経路制御 / / / /  
(英) ZigBee / WiFi / channel allocation / routing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-193, pp. 147-152, 2018年3月.
資料番号 NS2017-193 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ZigBee/WiFi共存環境のためのチャネル割り当てと経路制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Routing and Channel Allocation for Zigbee/WiFi Coexistent Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ZigBee / ZigBee  
キーワード(2)(和/英) WiFi / WiFi  
キーワード(3)(和/英) チャネル割り当て / channel allocation  
キーワード(4)(和/英) 経路制御 / routing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 陽祐 / Yosuke Tanigawa / タニガワ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 錦織 秀 / Shu Nishikori / ニシコオリ シュウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 和彦 / Kazuhiko Kinoshita / キノシタ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 尚 / Takashi Watanabe / ワタナベ タカシ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-193 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会