電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 09:20
マルチホップネットワークにおけるフィードバックを用いた近傍探索時間の削減
大島和気宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近傍探索はアドホックネットワーク構築における初期プロセスである.先行研究では各ノードが探索メッ セージを送受信することで近傍探索を行うアルゴリズムが示されており,ワンホップネットワークとマルチホップネッ トワークにおいて各ノードが全近傍ノードを探索できる,確実性の高さが確率論的に示されている.また,ワンホッ プネットワークにおいてはフィードバックを用いることで確実性を維持しつつ,より迅速に探索を行えるようになっ ている.しかし,マルチホップネットワークではそのフィードバック手法を適用することができないため迅速性は向上されていない.そこで本研究ではマルチホップネットワークでも適用できるフィードバック手法を提案し,確実性 を維持しながら探索時間の削減を目指す. 
(英) Neighbor discovery is an initial process to construct an ad-hoc network. The previous research has shown an algorithm that discovers neighbor nodes by transmitting and receiving DISCOVERY messages. It can discover all neighbors under high certainty in a one-hop network and a multi-hop network. Furthermore, it can discover neighbors quicker while maintaining certainty with feedback in the one-hop network. However, in the multi-hop network, the quickness has not been improved because the feedback method cannot be used. Thus we propose a feedback method which can be used in the multi-hop network and aim to decrease the discovery time.
キーワード (和) 近傍探索 / マルチホップネットワーク / アドホックネットワーク / フィードバック / / / /  
(英) neighbor discovery / multi-hop network / ad-hoc network / feedback / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-372, pp. 295-300, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-372 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチホップネットワークにおけるフィードバックを用いた近傍探索時間の削減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reduction of Neighbor Discovery Time with Feedback in Multi-hop Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近傍探索 / neighbor discovery  
キーワード(2)(和/英) マルチホップネットワーク / multi-hop network  
キーワード(3)(和/英) アドホックネットワーク / ad-hoc network  
キーワード(4)(和/英) フィードバック / feedback  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 和気 / Kazuki Oshima / オオシマ カズキ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮路 祐一 / Yuichi Miyaji / ミヤジ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 秀幸 / Hideyuki Uehara / ウエハラ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-372 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.295-300 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会