電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 14:10
自律型モビリティにおけるエッジサーバ切り替え予測方式
吉田雅裕中田亮太森 航哉荒川 豊井上知洋高橋紀之田中裕之NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広域分散処理及び低遅延処理などの特長を持つエッジコンピューティング技術の活用により,自律型モビリティの要求条件を効果的に実現する通信基盤の実現を目指している.本論文では,2017年度の総務省委託研究「膨大な数の自律型モビリティシステムを支える多様な状況に応じた周波数有効利用技術の研究開発」で実施しているエッジサーバ切り替え予測方式の検討状況について報告する. 
(英) The edge computing techniques is a promising approach to reduce a traffic load and a network latency. However, suitable architecture of edge computing platform for autonomous mobility system has not been clarified. This paper reports a research progress of the edge server switching method for edge computing in the Ministry of Internal Affairs and Communications (MIC) project (2017).
キーワード (和) エッジサーバ切り替え / 自律型モビリティ / エッジコンピューティング / ハンドオーバ / / / /  
(英) Edge Server Switching / Autonomous Mobility System / Edge Computing / Handover / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-224, pp. 315-320, 2018年3月.
資料番号 NS2017-224 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律型モビリティにおけるエッジサーバ切り替え予測方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Prediction Method for Edge Server Switching in Autonomous Mobility 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エッジサーバ切り替え / Edge Server Switching  
キーワード(2)(和/英) 自律型モビリティ / Autonomous Mobility System  
キーワード(3)(和/英) エッジコンピューティング / Edge Computing  
キーワード(4)(和/英) ハンドオーバ / Handover  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 雅裕 / Masahiro Yoshida / ヨシダ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 亮太 / Ryota Nakada / ナカダ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 航哉 / Koya Mori / モリ コウヤ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 豊 / Yutaka Arakawa / アラカワ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 知洋 / Tomohiro Inoue / イノウエ トモヒロ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 紀之 / Noriyuki Takahashi, / タカハシ ノリユキ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 裕之 / Hiroyuki Tanaka / タナカ ヒロユキ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-224 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.315-320 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会