電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 11:10
量子意思決定によるユーザーの動画ストリーミング視聴時の画質選択のモデル化
大歳達也村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 動画ストリーミング配信を始め、様々なサービスがインターネットを介して提供されている。今後、ネットワークの仮想化技術が進み、サービス毎にネットワークを構築し、制御することで、サービスに適したネットワークの運用が可能になると期待される。この際には、ユーザーが実際に体感するサービス品質(QoE)の観点からネットワークの構築、運用を設計する必要がある。このようなユーザーのQoEをモデル化する研究は、従来より進められてきいるものの、ユーザーの心理的な効果によってQoEが変化するため、従来のモデルでは表現が困難な状況が生じうる。一方で、人の認知状態及び意思決定を表現するモデルとして、近年、量子意思決定が注目され始めている。量子意思決定では、従来の認知モデルでは表現が困難な、人の振る舞いをも表現可能であり、より表現力の高いモデルとして有望視されている。本稿では、この量子意思決定を用いて、動画ストリーミング視聴時のユーザーの振る舞いをモデル化することを試みる。そして、シミュレーションにより、ユーザーの心理的な効果も含めた画質選択の傾向をモデル化可能であることを示す。 
(英) Various services including video streaming are provided via the Internet. In the future, as network virtualization technology advances, building and controlling a network for each service is expected to make the network suitable for the service. In this case, it is necessary to design the network construction and operation from the viewpoint of the quality of experience (QoE) of users. Although research on modeling QoE of users has been advanced, the QoE changes according to the user's psychological effect, so it can be difficult to model the complete QoE in the conventional model. On the other hand, quantum decision making has begun to be drawing attention in recent years as a model expressing human cognitive state and decision making. In quantum decision making, it is possible to represent human behavior, which is hard to express in the conventional cognitive model, and it is regarded as promising as a more general model. In this paper, we attempt to model user's behavior when viewing video streaming by the quantum decision making. Through simulation, we show that the tendency of video resolution selection caused by psychological effects of users can be modeled.
キーワード (和) 量子意思決定 / QoE / 動画ストリーミング / MPEG-DASH / / / /  
(英) Quantum Decision Making / QoE / Video Streaming / MPEG-DASH / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-123, pp. 201-206, 2018年3月.
資料番号 IN2017-123 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子意思決定によるユーザーの動画ストリーミング視聴時の画質選択のモデル化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modeling User's Resolution Selection in Video Streaming by Quantum Decision Making 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子意思決定 / Quantum Decision Making  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) 動画ストリーミング / Video Streaming  
キーワード(4)(和/英) MPEG-DASH / MPEG-DASH  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大歳 達也 / Tatsuya Otoshi / オオトシ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-123 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.201-206 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会