電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 10:50
Incentive Mechanism for Encouraging Co-operation among Infrastructure Provider and Virtual Network Operators
Abu Hena Al MuktadirMasahiro JibikiVed P. KafleHiroaki HaraiNICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Allocation of over-estimated virtual resources results in financial losses for both infrastructure provider (InP) and virtual network operators (VNOs). Therefore, re-estimation of leasing amount of virtual resources by the VNOs, with InP's feedback, is necessary to avoid such losses. In this paper, we investigate how limited resources can be better utilized for the mutual benefits of both InP and VNOs. We design an incentive mechanism (work in progress) based on contract theory to motivate the VNOs for re-estimation by interacting with InP, and offer VNOs resource pricing that maximizes InP's profit. We also present an algorithm for re-estimation with two resource adjustment policies. We numerically evaluate the proposed algorithm, and find that it converges quickly and ensures a comparable re-estimation for the VNOs with estimation history based adjustment policy. 
(英) Allocation of over-estimated virtual resources results in financial losses for both infrastructure provider (InP) and virtual network operators (VNOs). Therefore, re-estimation of leasing amount of virtual resources by the VNOs, with InP's feedback, is necessary to avoid such losses. In this paper, we investigate how limited resources can be better utilized for the mutual benefits of both InP and VNOs. We design an incentive mechanism (work in progress) based on contract theory to motivate the VNOs for re-estimation by interacting with InP, and offer VNOs resource pricing that maximizes InP's profit. We also present an algorithm for re-estimation with two resource adjustment policies. We numerically evaluate the proposed algorithm, and find that it converges quickly and ensures a comparable re-estimation for the VNOs with estimation history based adjustment policy.
キーワード (和) Incentive mechanism / resource estimation / virtual network operators / infrastructure providers / / / /  
(英) Incentive mechanism / resource estimation / virtual network operators / infrastructure providers / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-211, pp. 249-254, 2018年3月.
資料番号 NS2017-211 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Incentive Mechanism for Encouraging Co-operation among Infrastructure Provider and Virtual Network Operators 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Incentive mechanism / Incentive mechanism  
キーワード(2)(和/英) resource estimation / resource estimation  
キーワード(3)(和/英) virtual network operators / virtual network operators  
キーワード(4)(和/英) infrastructure providers / infrastructure providers  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Abu Hena Al Muktadir / Abu Hena Al Muktadir /
第1著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Masahiro Jibiki / Masahiro Jibiki /
第2著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Ved P. Kafle / Ved P. Kafle /
第3著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiroaki Harai / Hiroaki Harai /
第4著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-211 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会