電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 15:20
協調運転実現のための多層エッジサーバによる車両制御システム ~ インターネット遅延計測と計測結果を用いた車両制御評価 ~
佐々木健吾牧戸知史豊田中研)・中尾彰宏東大
抄録 (和) 近年,協調運転を実現するためにクラウドが広範囲に存在する車両からセンサー情報を収集・解析を行い,車両に制御情報を提供するクラウド型車両制御とMobile-Edge Computing (MEC) によるエッジサーバを用いて低遅延な車両制御を実現するMEC型車両制御が提案されている.我々はこれらの長所を生かすために,基地局に配置され低遅延な処理が可能なLower Edge Server (LoES)とP-GWやクラウドに配置され広範囲から車両のセンサー情報を収集可能なUpper Edge Server (UpES) が連携する車両制御システムを提案しており,プロトタイプを用いた評価から,遅延の大きさが不安定に変化する状況でも安定して制御できることを示した.
しかし, 提案システムは実通信環境を反映させた十分な評価を行えていない.現在,日本国内には様々なMNO, MVNO事業者が存在しており,これらキャリアの通信経路の特性も考慮し車両制御の評価を行う必要がある.
本論文では提案システム評価のために様々なクラウドサービス-キャリア間の通信遅延データの測定を行い,クラウドサービスおよびキャリアの違いによって通信品質に差が生じることを示す.次に,計測した遅延データを用いて,提案システムのシミュレーション評価を行い,UpESの配置を変更することで,センサー情報を収集可能な車両台数と通信遅延のトレードオフを解決できることを示す. 
(英) Recently, there have been proposed cloud-based vehicle control systems collect sensor information from vehicles and control them from cloud data center and MEC-based vehicle control systems that control vehicles utilizing ultra low latency. We have proposed a layered vehicle control system[1],[2] taking advantage of both cloud and MEC based systems where we enable coordinated control between Upper Edge Server (UpES) that aggregates sensor information from a large number of vehicles, and Lower Edge Server (LoES) that processes the sensor information in low latency feedback loop. The proposed system, however, has not been sufficiently evaluated using actual delay information in real world. In this report, we evaluate our proposed system using real latency data taken from various MNO and MVNO operators in Japan. In more detail, we measure the actual latency between various cloud services and UE and show that communication service quality is highly dependent on carriers and differs significantly. In addition, we simulate the proposed system using the measured latency and evaluate the effectiveness of our coordinated control. While there is inherent tradeoff between the number of vehicles to be optimized and the feedback latency in control, we show that by adjusting the location of UpES, our system can provide the optimized coordination between LoES and UpES mediating the tradeoff between the scope and the latency of vehicle control according to the requirements for the vehicle control.
キーワード (和) MEC / 5G / 強調運転 / 自動運転 / / / /  
(英) MEC / 5G / Co-operative Driving / Autonomous vehicles / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-234, pp. 375-380, 2018年3月.
資料番号 NS2017-234 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 協調運転実現のための多層エッジサーバによる車両制御システム 
サブタイトル(和) インターネット遅延計測と計測結果を用いた車両制御評価 
タイトル(英) Vehicle control system with multi-layered edge servers for cooperative driving 
サブタイトル(英) Measurement of the Internet delay and vehicle control evaluation using the delay 
キーワード(1)(和/英) MEC / MEC  
キーワード(2)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(3)(和/英) 強調運転 / Co-operative Driving  
キーワード(4)(和/英) 自動運転 / Autonomous vehicles  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 健吾 / Kengo Sasaki / ササキ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧戸 知史 / Satoshi Makido / マキド サトシ
第2著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-234 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.375-380 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会