電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 09:00
ポテンショスタット法に基づく超小型・超微弱電流測定回路の提案
磯貝太志白川貴啓中武繁寿北九州市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MOSFET によるオンチップ高抵抗を利用した電流測定回路を提案する。近年バイオセンシング技術やインプラントセンシング技術の進歩により、センサフロントエンドの多様化が進み微弱電流検出に対する高性能化の要求が強まっている。本研究では提案抵抗を利用し、電気化学測定の中でもポテンショスタットで使用される電流測定回路を動作させる。実際に回路を設計し、SPICE シミュレーションの結果を提案抵抗と従来のPoly 抵抗で比較を行い、1 チップ化の可能性について検証する。 
(英) We propose a current measurement circuit using on - chip high resistance by MOSFET. Due to advances in biosensing technology and implant sensing technology, the diversification of the sensor front end has progressed and the demand for high performance against weak current detection has been increasing. In this research, using the proposed resistor, we operate a current measuring circuit used in potentiostat even among electrochemical measurements. The circuit is actually designed, and the result of the SPICE simulation is compared with the proposed resistor with the conventional Poly resistance to verify the possibility of 1 chip.
キーワード (和) ポテンショスタット / 高抵抗 / サブスレッショルド領域 / I-V変換回路 / / / /  
(英) Potentiostat / High resistance / Subthreshold / I-V converter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 455, VLD2017-119, pp. 181-186, 2018年2月.
資料番号 VLD2017-119 
発行日 2018-02-21 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD HWS  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2018-02-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ポテンショスタット法に基づく超小型・超微弱電流測定回路の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On-chip and ultra low current measurement circuit based on potentiostat method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ポテンショスタット / Potentiostat  
キーワード(2)(和/英) 高抵抗 / High resistance  
キーワード(3)(和/英) サブスレッショルド領域 / Subthreshold  
キーワード(4)(和/英) I-V変換回路 / I-V converter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯貝 太志 / Daishi Isogai / イソガイ ダイシ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白川 貴啓 / Takaaki Shirakawa / シラカワ タカアキ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中武 繁寿 / Shigetoshi Nakatake / ナカタケ シゲトシ
第3著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2017-119 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.181-186 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会