電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 16:35
新幹線列車無線システムに適用可能な要素技術に関する一検討
中村亮介服部鉄範JR東日本
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 東北・上越新幹線列車無線システムは,2002年から順次,アナログ方式からデジタル方式への切替が行われ,これから数年後に次のリプレースを予定している.そこで,将来の新幹線列車無線システムに適用可能な要素技術の開発を2件実施した.一つ目は,既設のLCXを用いた無線通信の大容量化を行うために,MIMO技術を適用するLCX-MIMO方式である.二つ目は,システム更新時に列車が旧方式と新方式のエリアを跨いで走行した際でも通話やデータ通信が途切れない,スムーズな切替を実現する新旧切替制御方式と,大容量通信と高信頼通信を適応的に切り替え可能とするシグナリング制御方式の機能を実現する通信制御方式O-SDR方式である.本稿では,これら要素技術についてフィールド試験を用いて評価した結果を示す. 
(英) The Tohoku and Joetsu Shinkansen train radio system had been changed from the analog system to the digital system in order from 2002, and there is a plan to replace the next several years later. We introduce wireless communication technologies for the future Shinkansen train radio system. One technology is LCX-MIMO, which enables high-speed wireless data transmission with LCX (leaky coaxial cable) communication system. Another technology is O-SDR, which enables quick switching between existing Shinkansen train radio system and future Shinkansen train radio system and between high-speed communication and high-reliability communication. In this paper, we show the performance of LCX-MIMO and O-SDR evaluated by the field investigations.
キーワード (和) 新幹線 / 列車無線 / LCX / MIMO / SDR / / /  
(英) Shinkansen / Train Radio / LCX / MIMO / SDR / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-403, pp. 469-474, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-403 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 新幹線列車無線システムに適用可能な要素技術に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of Wireless Communication Technologies for the Shinkansen Train Radio System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 新幹線 / Shinkansen  
キーワード(2)(和/英) 列車無線 / Train Radio  
キーワード(3)(和/英) LCX / LCX  
キーワード(4)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(5)(和/英) SDR / SDR  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 亮介 / Ryosuke Nakamura / ナカムラ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 東日本旅客鉄道株式会社 (略称: JR東日本)
East Japan Railway Company (略称: JR East)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 鉄範 / Tetsunori Hattori / ハットリ テツノリ
第2著者 所属(和/英) 東日本旅客鉄道株式会社 (略称: JR東日本)
East Japan Railway Company (略称: JR East)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 16:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-403 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.469-474 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会